リククーブログ

ARTICLE PAGE

太陽嵐を一応でも対策する方法

そろそろ太陽嵐が来て、プラズマで電子機器が壊れて文明崩壊?
の、不安が広がっていますが、

どうも対策法あまり見かけません。

そこで、なんとか対策法になりそうなものを紹介します。
ただ、私は専門家ではなく、確信は100%もてません。

とにかく、電磁波が来るのですから、電磁波を跳ね返すものを作ればいいのです。
そのためには、電気や磁気の通るものを使います。
高周波には、金属やカーボン、電磁波の力で内部に電流が生じ、電波のエネルギーを失わせます。
低周波には、磁気を通すものも必要です。
鉄は、電気も磁気も通し、鉄で囲えば電磁波のエネルギーが鉄を通って、中の物体に来ません。
これだけで不十分かもしれません。いわゆる放射能のエネルギーも来るでしょう。これを完全に止めるのは大変です。
とにかく、この種の電磁撹乱は些細なエネルギーのやりとりで動くコンピューターや通信機器、ハイテク機器を狂わせるのに十分です。太陽嵐が来る前に対策を打つべきです。

鉛の箱に入れるとかありますけれど、
てにいれにくい。
サバイバル用品の金色で薄いのに寝るとき温かい布があるらしい。
これの安物じゃなくてポリイミドという物質を使っているもの
追記:エマージェンシーシート エマージェンシーブランケットというらしいです
これが、人工衛星の外側の金箔に見えるものとよく似ているらしいですね。
宇宙空間のいろいろなものから衛星を守っているらしい。
MPIのスペースブランケットという商品などがありますがポリイミドつかっているのどれ?

多分太陽嵐が近づけば兆候があるようです。
気温がやたら高い、大規模停電、電波障害が出るなど。オーロラが全く出ないはずの地域で出たらもう遅いかも。
ネットで予測情報があるかもしれません。アセンションてこの太陽嵐のことなのか?

そのとき、360度電子機器、メディアをこれでくるんでしまいましょう。結構大きいので全部はいるかも。
電源を切り
あと、コンセントとインターネットのケーブルは全部抜いときましょう。
長ーい送電網は電磁波を受けるアンテナのようになります。
コンクリートで囲まれた地下室に置けばなおいいのかな

フラッシュメモリが特に危なく、よくシールド無しでむき出しになっています。
これらが入っているのは
  • USBメモリ
  • 音楽プレーヤー
  • 携帯電話

  • パソコン(両方入っている。フラッシュメモリはBIOSが入っていて取り出せない。)


システムソフトウェアをアップデートできる小型コンピュータが入っているもの
(フラッシュメモリやEEPROMにより中のプログラムを変えられる)
それらは
  • 最近のゲーム機
  • モデムなどネットワーク機器

です。
BIOSのアップデートファイルも頑丈なメディアにとっておくべき?

ハードディスクの場合プラッタが頑丈な磁気シールドの中に入っておりプラッタの情報が残る可能性がありますが、
制御基板はむき出しで、読み書きでエラー、ファームウェアのメモリ化けなどがあるかもしれません。
搭載機器の電源を切っておくことをおすすめします。なおそれは素人に言うとやはり少なくともほとんどすべてのパソコンです。

では、データを避難させるべき場所は

  • CD-R
  • DVD-R
  • BD-R
  • MD
  • MO(今は知らない人多いかな)

  • CD
  • CD-ROM
  • DVDのROMとビデオ
  • ブルーレイのROMとビデオ
  • ゲームのソフトの円盤



光学メディアはエラー訂正能力が高いので、ドライブが生きていれば読めるでしょう。
とくに、テクノロジの確立している、CD-R あたりがお勧めです。
もう使わないと思っているCD-ROM DVD-ROMも、とっておきましょう。

電子レンジにケータイとか置いとくといいという人もいますけれど
もちろんそこでチンしないように。でもエマージェンシーシートいいかな

それから、ばあちゃんのいるお家は、お茶箱に精密機器を入れても防御できるかもしれません。
お茶箱の内枠には隙間ができないように金属板が貼ってあり、静電シールドになります。
いざとなったらなんとか説得して服を出しパソコン、ケータイを入れましょう。

最後に!強すぎて何もかも壊れてもしょうがない!天からの試練です!

何か、この理屈は間違っている、と思ったらコメント欄にお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い