リククーブログ

ARTICLE PAGE

画像拡大の新しい方法

lifehackerのサイトで紹介されている、画像拡大を繰り返したあとにシャープにする方法を
https://www.lifehacker.jp/2017/02/170204_20170204_picture_size.html
自動でやってみましょう。

Linux上のbashとImageMagickというコマンドツール集で一発
cascon.sh
convert -filter catrom -resize 105% "$1" tmp1.tiff
for a in `seq 1 30`
do
mogrify -filter catrom -resize 105% tmp1.tiff
done
convert -sharpen 0x2 tmp1.tiff "$2"


$ bash cascon.sh input.jpg output.png
105%を31回で1.05の31乗だから4.53倍の画像になります。
ディープラーニング以前のプログラムを繰り返し使うことで、それよりも遥かに早く、結果を得ることができ、
ディープラーニングとちがい、「お絵描き」みたいになりません。
出力ファイルを見てそのまんまピントがすこしボケた写真だなぐらいにみえる精度はあります。
外部に漏らしたくない画像を拡大するときにうってつけでしょう。
文書の場合は、拡大したあとにSmartDeblurというプログラムが処理が重たいものの、断然読みやすくなるはずです。
なおJPEG特有のノイズは対処が難しい。自動化処理で解決すると髪の毛が絵になってしまう。

この記事が好評であればコマンドラインツールをあらたに作ったり、Windows用のプログラムも用意するかもしれません。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い