記事一覧

燃料電池の水素を作ると炭素が出てくる なら・・・

燃料電池とか言って、水素スタンドを増やそうとしているようだけれど・・・
水素は結局石油から取り出すものであって、その時に炭素はどこへ行くのだと。
わざわざ水素を保存する技術と水素エネルギー利用に投資して、
宣伝するとか、本当は何が目的なのか。普通水素と言ったらロケット燃料ではないのかな?あと、これ以上の深読みは載せたくない。

たしかアルコールも燃料電池で使えるんだよね・・・
そう、燃料電池は普通の石油とか糖分を使えるものがあるし、やはり二酸化炭素が出てくるんだけれど、
燃料電池は非常に効率が高い。ディーゼル機関だって効率が40%行けばすごくいいほうだけれど、
燃料電池は普通に化石燃料でも60%の効率で電気に変換できる。それに排気はエンジンよりクリーン。

Bloom Energy Japan
この会社の発電プラントなら都市ガスで火力発電所より高い効率で電気を作れるので、
コカ・コーラまでもが使っている。日本では大阪中央卸売市場が導入。電気コストそのままCO2を減らすことが可能。
バイオガスを使えば完全にカーボンオフセット。
またそこまで行かなくとも、燃料電池の排熱で給湯するエネファームもあるのですが、どうせならインベンゾーの吸着冷凍機に繋げば、冷房だってできるはずです。
あるものは全部使う。この貪欲さがクリーンエネルギーのあり方です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

検索フォーム