リククーブログ

ARTICLE PAGE

増力トランス

いや、最初にいっておくけど妄想だからね
Flynn Parallel Pathのトランス
このブログのファンならわかるFlynn Parallel Pathの特許にはモーターでなくて静止型トランスの図面もある
でも、結局あのトムベアデンのMEGと同じで、磁束が2になってもあとで1に戻っては、エネルギー量が増えない
だからこの手の固体発電機は成功例がない
そこで磁石の向きを片方逆にする
磁石の磁力が外側の出力巻線に全く行かない
まんなかの駆動巻線はブリッジでなく単方向で励磁
駆動巻線を励磁して磁石と磁束を同じ数にするととおきまりの、出力巻線に磁束二倍
で駆動巻線の電気を止めると最初に戻って出力巻線の磁束が全くなくなる このときだけ、出力を取り出す
故に磁束の変化二倍 出力4倍
いや、最初に言ったけれど妄想だからね

20170815,16 妄想のはずなのに実際に実験してしまいました
なんと、COP<1だった 驚くほどほとんどの電気を回生しながら、消費電力はプラス

20170821,22
あれ、わけのわからないぐちは消えてしまいました。なぜか。
有限要素法磁気回路シミュレーターを使うことに成功しました。
2DのFEMMというソフトだがLinux上でwineで動かしているため間違いがあるかもしれません。ぜひあなたが手元でやってみてください。
これはごく基礎レベルの電磁気法則を使い、空間に展開し、空間を細かいブロックに分けて計算する。
さらにこの手のマシンにはあまりに追試の失敗が多いため、出力コイルを巻きたい、端っこの磁路は幅を2倍にして磁化力H[A/m]が増加しなくともより磁束を流せるようにする。
一体どんな結果が出るのか。
磁路は5mmと10mm 磁石はセラミック8(B=0.4T)巻線は375ターン2つ直列で10mAを流します。
コイルだけ用意し磁気を流す
FEMMには直線で切ったところの総磁束を算出する機能があり、それも使えました。
コイルだけ用意したとき磁路の磁束は1.5E-5だった。インダクタンスは1.1[H]
磁石だけ、電流なし
磁石の残留磁束密度は0.4Tほどだった。日本で磁石工場のサイトなんかで売っているフェライト磁石も100mTとか侮ってはいけない。閉じた磁気回路に組み込むとここまででます。
磁石と電磁石両方
太い磁路の磁束は2.5E-5だった。一方でコイルの磁束は0.55E-6になってしまった。インダクタンスは0.43[H]になって、10mAになるまでの時間は半分。
コイルだけのときより太い磁路の磁束は1.66倍程度になり、入力コイルの電流が10mAになるまでの時間が半分以下なため
やはりCOP=350%程度を概算した。
問題は有限要素法は変な結果を返しても知らんぷりであり、設定間違いなどでよくとんでもない結果を出すといいます。
だがJoe Flynnさんもそういったシミュレーターの1つ、クイックフィールドをつかっているというので、何かがあるのかもしれません。
というわけでこの仕組みで制作決定です。
なお一番上の図の方法では見た目すごい磁気が増えているが、そう何もしなくとも磁石の磁気が流れているため、磁路の磁束の変化が2.0E-5しかなく、コイルのインダクタンスも1.5[H]になって入力コイルに電流を流す時間が増え、、結局普通のトランスのほうがマシとなる。

20170826 シミュレーションを何度か試行したが、不可思議なことがいくつかありました。
ネオジム磁石を使うと入力コイルのインダクタンスがマイナスになる。訂正:これはインダクタンスを磁束対電流で算出しているので、コイルが出そうとする逆方向に磁束がある場合に起こるようだ。
磁石ありで出力コイルの磁束を磁石なしの入力コイルだけの磁束の3倍以上にするのは難しいが、
入力コイルの電流を制御して出力コイルの磁束が磁石の磁束だけになったとき入力コイルのインダクタンスが非常に少ないために大きなCOPを得られる可能性がある。
出力を大きくしたいならさらに入力コイルの電流を増やせばいいが、COPが下がり、限界がある。
それからトランスのコア積層でも苦しんでいます。古いトランスの鉄心を使う、切ったあとは曲がっているからよく平にするのは当然として、
他のコアと接する面はよく平にしたい。
接着剤は乾く前は粘り気のないものがおすすめ、速乾性はよくない、
素人はトランスを油で煮る大事な工程ができないため薄い紙を挟んで絶縁をしっかりする必要がありそう。

20170827 トランスを自分で作るとなると、接合部の隙間はなるべく埋めたい。
だが磁気回路を組み立てて、おかしい、磁気がほとんど出力コイルの芯へ流れてしまって、縦半分の2こがくっつかない。
シミュレーターでも確認できた、入力コイルと太い磁路の間には、全く隙間が空いてはいけない。
少しでも隙間が空いたら出力コイルへだいたいの磁気が行ってしまう。当然COP<1
それから一番上の図に近い磁路が一定の幅のパターンもシミュレーターでも試して磁束がほとんど増幅されないことが図解でわかった。
ということで、入力コイルとその横の2倍太い磁路を一体にすること、(出力コイルの芯には継ぎ目があっても構わないと思う)
それを実現する唯一の方法が 入力コイルの芯を 自分で切り出す ということです。
市販のEIコアやカットコアは使えないことがわかってしまいました。
大量の電磁鋼板に同じ加工をします。本当に面倒です。みなさんも(日本の防衛関係者も)頑張ってください。
またこの手のマシンでネオジム磁石とメットグラスの話題はよく出ているが、ネオはこりもなく使う人は多そうだといっておきます。
メットグラスは日本では同レベルのファインメットがてにはいります。しかし普通のトランスから取り出した電磁鋼板で大丈夫でしょう。
ファインメットをパラレルパスに使うのはとにかく人類にはまだ早い。
2017-08-30
磁気ギャップがどうしても私の技術ではできてしまうことで悩んでいたが、
電気回路と同じで接触していれば通るという啓示があったので
薄手の両面テープで隣の鋼板とぴったり接触+重ねる+電気絶縁という方法で確定
これではトロイダルコアに結構巻くような苦しみがあるが、プロトタイプだし性能第一で行きたい
またできればジャンクの海外旅行用トランスがあれば打ち抜きで磁気回路を一体で作れるはず
2017-09-4
こんなふうに貼って こんなふうに重ねる
早とちりして作ってしまったコア。20回巻いてインダクタンスを測定し、シミュレーターで解析して磁気ギャップがどの程度か調べたい。
シミュレーターと夕方からにらめっこしていたのですが、磁気ギャップが0.2mm*4つありどうしても影響あり、磁束が増えません。
しかし磁気ギャップを磁石*中間板と入力コイル、磁石*中間板と出力コイル、両方に同じ程度設けることで、避けられることが判明。
このギャップはどれも同じぐらいの幅が良さそうで、要するに電磁鋼板の継ぎ目で良さそうです。
さらにこの効果で流せる電流がアップと磁束が角に集中しづらい、また磁束を増やす効率が一定になるようで(手元では145%ぐらい)。
早とちりして作ってしまったコアの出力コイルの巻枠が減るがなんとかなりそうです
磁路は入力コイルが8mm 出力コイルが16mm 厚みが8mmていどで、20VAのACアダプタからトランスを取り出して分解、四角をいっぱい切り出して接合、全部真っ直ぐにして切り出した面が隣に触れないように考えて組み上げているが、
それでもインダクタンスは推定で一体の1/3程度でしかないです。
なお、まだ人類にははやいかもしれないので、これからは休み休み遅れ遅れで作業しますね。
2017-9-5 だめだ。FEMMとまたにらめっこして、磁気ギャップがあるせいで出力コイルの磁気が入力電流がなくても存在し、dΦが下がって、COP<1だ。やはり一枚板でないとできない。まいった。
2017-9-8 シミュレーターで、磁路が一定の断面積でも、磁石ありで入力コイルの磁束が0になるまで電流を流すとき、出力コイルの磁束は、同じ電流で磁石なしのときより最大7.8倍ほど大きくできる。これは増幅ではないのか。
ネオジムN52磁石あり見ればわかるが磁石はコア断面積の1/3以下のネオジムN52が使える。
磁石なし磁石なし。コイルに流しているのは同じ電流。
相変わらず磁気ギャップ禁止だが、このやり方を使えば、アイデア次第で何でもできるのでは?
あと増えた磁場を収穫するので入力電流を断ち切ってから出力を取り出し、出力がなくなったら入力電流をまた流します。この手の技術をやる人は普通のスイッチング電源と普通のモーター制御の知識ぐらい持ちましょう。
スピリチュアリストには詐欺やらドツボにはまる哀れな人もいますが、とにかく
この世的な、物理的な成果を上げるのに、スピリチュアリストの考え方では歯が立たない。念力や祈りやアファメーションで物を動かすより、まず手を動かしますよね。

2017-9-23
トロイダルコア FT-114-43とフェライト磁石、積層鋼板で実際に実験しています。
その前の実験では実は入力する電流などの計算を全くしていなかった。勘で発振回路の半固定抵抗を回しただけでした。
そうしたらもうむりでだらだら愚痴をたれちゃったわけ。
今回、FT-114-43とフェライト磁石は最大0.3T程の磁束密度が出て、この1/6ぐらいの磁束を入力に流したい。
電気基礎Iの式で計算して、電源5.3V 20回まきで7㎲ぐらいかなと。電子回路入門の式で発振回路の部品を変えて調整しました。
まあぼちぼちです。電池の電圧は下がってはいないようですが、結果が出るのに結構時間がかかるでしょう。
ほとんど結果が出ないのでオシロで消費電流を見てみました。FETがOFFするときに鋭いスパイク、しかも入力電流の3倍以上、それに続いてなにやら激しいリンギングで、これは振動電流ってカッコつけて説明してはいけないんです。
このリンギングは回路の効率を下げ余計な電磁波を出すもので、部品全てに無駄がないテスラコイルとは違います。
とにかくダイオードを取り替えるとどうも多少は良くなるが、
考えてみると、入力コイルの出す磁場の7.8倍もの磁場の変動があるので、そのぶん出力回路の電圧が7.8倍上がって、出力回路のダイオードを逆電圧が突き抜け、入力FETにも影響があるようで、
入力コイルは出力コイルの7倍、半導体の耐圧が十分でも4倍の巻数にするほうが良さそうです。もう疲れました。明日にします。

ここまでのデタラメ電磁気実験で、スイッチング電源、及び半導体インバーターの設計における電磁気学は、
とてもかんたんにできることが明らかになってきた。
しかしそれは自分の意志で実験を繰り返さないとわからない
高校は電子科、大学は中退だが、どれも卒業直後でスイッチング電源の設計に入れそうな発想はなかったはず
インダクターの定電流PWM駆動もしたことがあるし、事実今年は太陽電池PWMインバーターを作成した。
交流理論にとらわれては現代のインバーターはできないが、
電圧一定ならインダクタの電流は三角で増える、電流一定ならコンデンサの電圧は三角で増える、それと寄生抵抗の関係。
FETの駆動について、学校ではざっとしか勉強しないことが多いので、鉛蓄電池復活器では高速スイッチングで安直なIC直結も少なくないが、トランジスタのSEPP駆動やハイサイド駆動など工夫でより速くできる。
電磁波規制を考えなければ異常に単純。
生徒の意志を育てる、よりわかりやすく教える、努力ができないと、いきなり英語で教え、英語のわかりやすい教科書を使うだろう東南アジアの足は目の前だ。
なんだって海外の学校は入学はかんたんだが、学校の中で真の実力者に仕立て上げ、至らなければ脱落させるというのだから、受験戦争の塾や嫉妬や親の強制などの苦しみはなく、逆に学校で知能マッチョに鍛え上げられるのだ。
教授の自慢のために大学や教本が存在するわけではない。だが事実難しい表現をして自慢する教授は日本だけに多いだろう。
ちなみに井口和基氏いわく、中国人の教授は同じ中国人にしか奥義を教えないとのことで、おそらく敵国同然の日本人の生徒には何も教えようともしないこともあり得る。
更にいうと、自分たちの仕事が亡くならないように、みんながかんたんにそういった仕事をやってのけられるような教育は断固として避けたいのが専門職なのだそうだ。だから専門職の扉は堅い。
スポンサーサイト

5 Comments

ニィー  

フリンパラレルパスいいですよね。すでに公開されたフリエネ情報の中ではダントツで答えに近いと思います。
日本人の方でもかなり近いものを再発見し特許をとろうとした方がやっぱり妨害にもあったようです。
http://space.geocities.jp/aachichi0110/Japanese.htm
今ではパテントフリーです。

ジャンクトランスでも漁って電磁鋼板を入手したいところですね。

2017/08/10 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

Re: タイトルなし

このサイトの人は可愛そうですね。
日本人の投資家にごろつきしかいなくてあげく中国に技術を売ると。
まあ日本人の人格について問題提起しているのは私の別のブログ「社会環境をただす」も同じですが。
まさかここまでとは思わかなかったです。いや甘い態度には軍備、侵略など裏があるかもしれません。
私は日本の普通の人間のコロニーを守るために行動したいが、その彼らにいじめられる、学校で服従させられるなど、
まだ日本の心の問題はあるはずです。しかしそれは決して日本がなくなっていいというレベルではない。
一番私に痛いのはカルト宗教でしたね。まあ彼らこそ金持ちで大権力者なんですけれどね。2番めがGHQ。
民生用の永久機関の権利の独占など、失敗するに決まっているし、それをやろうとするものにはカルト見たくやばい存在がつくでしょう。
Flynn Parallel Pathの国際特許は日本ではGENESISが先行出願で却下だし、さっきのサイトの増力電磁石も特許が開放と。
さらにGENESISの最新の特許こそ審査請求無しでみなし取下げ、と。
私はこの日本でオープンソース技術とともに歩んでいきます。

2017/08/10 (Thu) 21:34 | EDIT | REPLY |   

ニィー  

カルトもGHQもその奥にはいつもCIAですね。彼らも下請けなのは明白ですが・・
オウムの奥にも、それに敵対する特捜の奥にも、自民党の重鎮の奥にも、占領後の傀儡っぽさをたまに匂わせます。

日本人殲滅したいと思ってる方々がいろんな方法でいじめてきますね

とあるお坊さんがアメリカに行ったときのことを本に書かれている方がいて
日本人を潰したい人たちがいるところに顔を出して話を聞いたことがあったようなのですが
彼らはなかなか潰せなくて困っているようです。そこでカルトで攻めようというような事を聞いたらしいです。
また、ヘッドホンなど音楽視聴で生体電磁場を狂わすなども言っていたようです。
どれほど影響が実際あるのか謎ですが・・若い人たちはイヤホンヘッドホンで音楽を聞くのが大好きですからね

そのあとにオウムが世を騒がせましたが証拠を掴んだ特捜に上から来た命令はオウムに手をだすな。です
カルトも911と同じやらせです。
麻原のようなただのヨギがあそこ迄行けたのは彼らの援助があったからです。
社会が悪だとするものの奥にいがちな彼らですが
善の仮面を被るのも好きなようで最近では男女平等や女性の社会進出をうるさくいうのも彼らの援助です。
家族からの教育の機会を減らし、都合よく管理され凝り固まった学校教育やTVからの情報を子供たちにインストールするには母親が家にいては困りますから。
小さいときに両親に愛されなかった子供の人生はつらいものになりがちです。
子供は狼が育てたら人間ではなく狼になってしまいますから。
税収も増えますし、税収が多ければ日本から奪いやすいですし都合がいいのでしょう。

腐りきった日本かとおもいきや防衛省は腐ってないような気がします。(信じたい)
フリエネにもちょくちょく顔をだしたり超能力の研究などもやっちゃう防衛省結構すきです。

どこかで100万回くらい言われているような1㍉も役に立たない陰謀論のカスを長々書いてしまい申し訳ございません。
オープンソースと共に明るく生きたいところです。

2017/08/11 (Fri) 20:23 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

Re: タイトルなし

陰謀論者はじつは一番弱いのです。
フリーエネルギー分野では佐野氏やケッシュ財団に騙されたりするし、ビビって恐怖を増大させられ、そのエネルギーで陰謀が成就したりします。
他の人間が平気で生きている世界で、陰謀論者はビビってばかりです。
陰謀はそれを受け入れる人民がいなければ成り立ちません。
恐れることは実は思ったより少ないです。TOCANAの予言はしょっちゅう外れることで有名です。
またむやみに倫理規制をやると、逆に心を縛られおかしくなりかねません。そういう真面目君(私とか)を作り出すのも陰謀でしょう。

Linuxはオープンソースの精神があり、企業が情報をかき集めウェブサイトを構築し侵入できないようにするため逆利用しており、そっち系のアプリと科学研究用プログラムは極めて多いです。
個人で使ってもインターネット、SNSやメールでは不自由しません。突然重くなること、再起動することがないし。

音楽はVLCでタイムストレッチ無効で0.9818倍速で再生すれば、440が432になります。
あとこのブログのサラウンドヘッドホン自作の記事を見て自作すれば、コンピューターのないアナログのサラウンドヘッドホンがつくれます。

カルト宗教はパターンが決まっておりその15の特徴に当てはめることができます。
絶対的な存在は絶対に人間として現れることはないです。ただ科学法則や人間関係の法則などでそのあり方を覗かせます。
またソビエト社会主義がカルト宗教に実はよく似ている話もあります。

2017/08/12 (Sat) 07:36 | EDIT | REPLY |   

ニィー  

みんなの意識のお絵かきチャットみたいなもんですからね現実は
宇宙の一切は自己責任ですな
彼らも所詮は悪役を演じさせられてるんですね

右手が左手をしらなくていいように
一つの細胞が脳からの司令に従い動かされているかどうかに気づく必要もないです

一人一人の人間はひとつひとつの細胞のようなものなので・・
人間は常に上位の意識にコントロールされているということですが。
人間はそれを自由といいます。

すべての偉大な発明や発見はひとつひとつの細胞(人間)に脳(上位の意識)から命令を注入されたようなものです。
計画性があるからなのか新しい発見が異なる地域でほぼ同時に発生したりすることが多いです。
善も悪もそれらに感応した一つの細胞(人間)ですね。

人間のやることは単純です
のびたりちじんだりするだけ

心の中をきれいにしとかないと変なところに自ら赴くことになりますので
さわやかに生きたいところです。

>音楽はVLCでタイムストレッチ無効で0.9818倍速で再生すれば、440が432になります。
>あとこのブログのサラウンドヘッドホン自作の記事を見て自作すれば、コンピューターのないアナログのサラウンドヘッドホンがつくれます。

いいこと教えていただきありがとうございます!じっくり読ませていただこうと思います。

2017/08/12 (Sat) 13:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い