記事一覧

モーターの消費電力について

私は以前に、またつい先程も モーターは機械出力と同じエネルギーを熱としてだす、ということを書いてしまいました。
調べてみると、工場の交流モーターはいつもどおり機械出力+熱=消費電力 として計算するのね。

やはり何か私は疑問みたい。電気が熱プロセスと関係なく磁気になって機械出力になるみたいだから、
モーターの中の熱力学プロセスがどうなっているんだろう、と思っています。
だからまあ磁気による電流の消費と電流の制限だからインダクターに電流を流して磁気から出力、その内部抵抗で熱が出るとか、考えるんだけれど、モーターって負荷がかかると全然インダクターの動作ではないし、
インダクターに回転起電力で結局抵抗として振る舞う、けど電熱ではなく磁気から機械出力になりますよと。
インダクターを使っているけれど抵抗として動作し、出力は機械的と。少なくとも見かけでは物理学で大事な熱プロセスがない。
トランスも同じで、巻線からやはり熱が出るんだろうけれど、トランスが送電用だったり極めて大きいと、
排熱は扱う電力の1%以下になる。あれだけの電流が流れて。ちなみに昔の重たいACアダプタのトランスは出力と同じ量の熱が出る。このでかくなると冷却以外何も工夫せずに効率がうんと上がるというのも電磁気の不思議。

電磁気熱プロセスとして、私には、インダクター巻線から電源に電流を戻すというプロセスは「吸熱」だとしか思えない。
効率90%のトランスやモーターは熱をまず1だしてあとで0.9吸い込んでいる解釈しかできない。
拙い知識ではそういう考えしかできない。
インダクターをうまく動かして熱を吸い込むことができるのならエコロジーにはとてもいい。そんなことなどできるのだろうか?
エアコンと同じで地球には熱が溢れていて、それを取り出すことなら、エネルギー保存則には反しないが、いかんせんぶっとんでる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

検索フォーム