リククーブログ

ARTICLE PAGE

AIに操られそうになったら

最近、人間の頭をAIが上回る、シンギュラリティの問題が叫ばれています。
すでに将棋や囲碁ではコンピューターのほうが勝ち、
ネット広告は確実についさっき調べたものや土地に関係するものを宣伝してきます。

AIの知能とは何でしょうか。
それは過去のデータ、しかもありとあらゆるデータを蓄積して、
デバッグする人間でもどう考えているのかわからない、
統計的手法で傾向性をしっかり追いかけて勝つことができるのです。

人間の知能とは何でしょうか。
理屈で、数学で考えるのは、コンピューターのほうが得意です。
しかもうっかりミスがしょっちゅう発生します。だが逆用できるのは後述。
問題は当て勘で、そう過去の経験から学習しているのはわかるが、
なにがどうなってそう判断しているのか、人間もわからないでしょう・・・あれ何かに似ている!

人間がAIに操られていることをまず検知するのは当て感、嫌な予感以外ないでしょう。
すでに行動はすべてAIに追跡されています。
理屈でAIの支配を脱する?そんなの無理です。AIは過去からの行動をすべて監視し傾向性をしっかり見ていますし、
あなたがどんな理屈を持っているのかなどお見通しです。
つまり、今までにないことを、かつ理屈でナシに当て勘でとっさの行動を取ることがAIに勝つために必要でしょう。
このためにうっかりミスを活かすとか、むしろうっかりミスをする脳をあえて直さないことも肝心です。

提言します。女流棋士をAIと戦わせてほしい。女流棋士にはそのとき女性らしい考え方を強く推し進めてほしい。
女の勘もバカにはできないと思うし
男はこれからの時代、AIと同じようなレベルの下働きの地位になり、女優位の社会になってしまうのでしょうか。
どうしても、どうしても、悔しいが 本当は女のほうが上にしか見えない。それが自然なのだとしか思えない。

#あとこの文を書いているときにmozc-neologd-utがいつもできるレベルの一発変換をたまにしない・・・
#文節ごとに変換すれば大丈夫なんだけれど
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い