リククーブログ

ARTICLE PAGE

オーディオ機器を評価し、改良するのに必要なこと

オーディオ機器にはいっぱいあるし、みんなすごいお金を掛けて買ったり、作るが、なぜか妻には見向きもされない。
そういうものだと思っていないでしょうか。
どうも、男の本能と関係のあるオーディオと、それを男がどのように評価しているのか、ということに、
何か疑問を感じませんか。

それからオーディオマニアはなんにでも高価なオーディオ用を買うとか、めんたま飛び出ることするとか、
普通の人に笑われていないでしょうか。
悔しいじゃないですか。
私はサラウンドヘッドホン自作やっていて、アクセス数だけ伸びて全く他人のレビューがないのがあれなのですが、
それでも、オーディオに必要な人間の方の準備はあると思われます。

原音とは何でしょうか。実際に現場で録音して、実際の音をわかっているわけではないから、
原音に近づけるという作業は結局聞きたい音を聞くというようにしかなりません。
そこでです。オーディオ評論みたいに、サ行がとか、勢いとか、低音が速いとか、言葉になおしてから考えていいものではないはずです。
言葉にしてしまうとそれが僅かな違いでも強調され、その分が治ると修正しすぎるはずです。全ては直感です。
自分の聞きたい音が原音だと思ってはいけません。まずはやる気から。
美しい音だけではない。どんなに酷い音も原音であれば完全に再生してやるぐらいの意気込みでなければいけません。

それから、オーディオメーカーにオーディオ好きが就職しないということになってきています。
オーディオオタクは趣味が極端だと思われているかもしれないが、メーカーもマニアも最大の間違いは、
エンパス=共感性 もしくはHSP 他者の思いを共有できるオカルト人間でないことです。
動画サイトを見て、この映像にこの音声はおかしいと、わかるのは、映像の原空間に心をシンクロさせて、その雰囲気をわかる人間でないと、
むこうに行かずに原音を突き詰めるのは難しいでしょう。まさに霊体質なのです。装置もオカルトなら聞く方もオカルトなのですよ。
これができないと、自分の感覚にマニアは酔いしれ、メーカーは彼らが悦に浸れる製品だけ作り、妻には見向きもされないのです。
また、とにかく催眠にかからないことです。自分の心の言葉だろうが雑誌の評論とか、いろいろな認知バイアスが入りますが、これを一旦取ってしまわないと素直に受け止めることができません。
さらに映像すらないとなると難しいでしょう。聞きたいのは音楽の方なんでしょうが。

高い製品が音質がいいの、ええ、当然です。しかし、出せるお金は無限ではありません。
まずは安くできる工夫から。それはアルコールで端子を磨くことなのだそうです。
それからオーディオ初心者は安い費用でいい音質を得る思考でないとこれからの時代に重厚長大は生き残れないでしょう。
いまのオーディオは明らかに年金世代に絞った商売だし。
私は若いのではじめからそうした方向でやって損はしていません。

私はよく聞いて僅かな違いしかないけれどあるんだという評価に疑問です。より大きな効果のある変更に注目しないと、
些細な変更を繰り返すうちに間違った道に行くかもしれません。
オルソンアンプから50年もはやオーディオのテクノロジーは凝り固まり、アンプは要するにオペアンプの改良に過ぎずスピーカーもずっと箱型です。
あなたのピュアオーディオは周りの人を幸せにするでしょうか。そこまで行っているオーディオこそ本物でしょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い