リククーブログ

ARTICLE PAGE

知られざる作曲家 水澤有一

水澤有一は、シンセサイザーを使って曲をつくる作曲家です。
自身が幸福の科学の会員であり、主なCDが幸福の科学の施設にしか出回っていないため、
(最近幸福の科学出版のサイトから買えるようになった)
ほとんど知られていませんが、
癒しの曲や瞑想曲が得意でその実力はかなりのものです。
ヒーリングミュージックとしてつくられた人気の曲よりいい曲を作っています。
また大抵の売れている癒される曲と比べてみてください。
2chで幸福の科学の映画に文句いっている人もサントラの水澤有一に文句はいえません。
冨田勲の弟子で演奏の手伝いなどもしたことがあります。

今日は水澤有一についてご紹介します。
宗教うんぬんなんて今は無視していいです。
だって本当に癒されるんだもん。
本当は、オーケストラの曲もうまく作れるはずですが
本物のオーケストラを貨してもらえません。
本物で一番意地が出るように作ってあると思うので惜しいですね。

追記:気づいていないけれどうっすら感じている人が多いと思いますが、
彼の曲では一つ一つの旋律はスターウォーズの特定の人物が出ると必ず流れる旋律のような、キャラクターです。
特定の曲だけの旋律と、手塚治虫のスターシステムのようなよく出る旋律、これらを組み合わせて曲が構成されるようです。
これをやっている作曲家はほとんどいない。最大の特徴の一つです。


水澤有一に関する資料は、ネット上にはなく幸福の科学出版のThe Libertyという雑誌の記事を探します。
かなりレアな創刊初期の1995年7月号にあります。知人が見せてくれました。

1960年生まれ

高校のころ、ギターに熱中、ニッパーで指と指の間を切って弾きやすくしようとしたほど。
暇があれば友人と音楽映画社会のことを語り合う。

『何で音楽が好きだったかというと、神秘感を追っていたと思うんですね。
その神秘感は言葉では説明できないけれど、音楽ではその核心に迫ることができると思ったんです』

大学卒業後、ジャズの難解でもやもやした音の神秘感に惹かれジャズバンドを結成
しかし、テクニックは磨けても精神に縛りや心の葛藤が出てきた。

「俺はジャズマンになるために生まれてきたのだろうか」

サラリーマンのようなこともやりながら音楽をすることに耐えられなかった。
『俺は音楽をやりたいのだ』

仲間と共同で借りたマンションの一室の管理人みたいなのになってスタジオ兼居室にした。
仕事もバイトもやめ背水の陣で音楽的才能に賭ける。
かれを自分の自信と仲間と、恋人(今は夫人)がささえた。

自動車会社のCMで初めての本格的な作曲にとまどいながらも
まるで音のパレットみたいなシンセサイザーに魅了される。
仕事を終えた後、本当にやりたいことに目覚める。
『本当にやりたかったことは、シンセの多重録音の作曲だったんだ!』

機材を導入して音響理論も独学で学ぶ。
シューンベルク、マーラー、ワーグナーなどの作品に影響を受ける。
マーラーの音響空間、偶成和音の世界の心魅かれ大いに影響を受ける。

やがて、冨田勲氏に出会う。
じつはThe Libertyにこの詳細はまったくかかれていません。 
ただ、なんとNHKのスペシャル[始皇帝]のサウンドトラックを冨田勲監修でつくったことがあり
富田勲氏が彼のそのCDのライナーノーツに 
『あたかも雲が金色に縁取られ、やがて太陽が顔を出し、その光がいくえもの線になって大地に降りそそいでいくような神秘感がある・・・』
と載せたことが載っています。

(『太陽の法』に天地がひっくり返るぐらい強く影響を受けたことが載っているが
あんまりききたくないでしょ? とにかく彼の世界は仏の世界へ変わっていきました。)

「売れればいいと思ったり、インスピレーションを受けたくて酒やドラッグにおぼれ、朦朧となって曲を書く人もいるようですが、それではいい構想は降りてきません。心が地獄的では美しい楽想は得られないんです。また、表面的な技術だけだと表現力に限界があるし、感動は生まれません。」

『曲のメロディーの形を突き詰めてどんどん純化していくと、結局、心の波動(これは雰囲気と考えればいいかな ブログ主注)、念いしかなくなっていくんです。 だから、自分が本気で信じていること、思っていることしか実際、音にすることができないんです。 作曲するときは、主観の世界に入って、一対一の世界で仏への念いを強めていくんです。』

『そうですね、それはたとえばちょうどボクが気になって精一杯手を広げていると、さんさんと輝く太陽(仏)の光がサーッとさしてくるんです。その光によって身体の葉っぱがさらさらとオーケストラのようにそよぐんです。その音がまさに音楽のイメージなんです。そこに憩ってくれる人がいたら本当にうれしい――――』

『ボクの場合、リラックスした状態で曲想を練って考え続けているとき、先にトータルなイメージでわかる範囲の形で、ぽんと塊で降りてきて、それを紐解いていくんです。』

たびたびバリへ行って創造的本性を目覚めさせる。 
さらに
『仏の神秘感を感じるために、もちろん感性を磨く必要があります。でも、知性や理性の部分、すなわち音楽理論も磨く必要があると思います。音楽の世界で言う知性とは、和声、メロディー、旋律の力学の理解です。その真剣な努力が踏み台となって、はじめて仏の世界に飛躍できるんです。』

『ボクが表現したいものとは、ボク自身じゃない。仏そのもの、あるいは仏が擁する世界なんです。その誰もが感じている理想や夢を共有することで手を取り合い、心を一つにできれば・・・』


The Libertyには水澤有一の書いた記事がいくつかあります。そこから、出てきた言葉は・・・

(Lo-Fiについて)
「そのベースには、暴力的で破壊的なことがかっこいいとされたり、マジメな人がかっこ悪いといわれるような風潮の影響があるような気がします。人の気を引こうと躍起になる精神が、Lo-Fi市場を拡大しているように思えるのです。」
「ボク自身は、カッコ悪くてもいいから、真実の価値に対してHi-Fiでありたいと、強く思っています。流行がさった途端に『ひどい音だった』なんていわれるのはかっこ悪いですから。」

(1997年6月)
「実はそこに、仏神によってもたらされた理由があったはずなのです。そうか。素直に『美しさ』を感じ、『喜び』を胸にすることから、その理由を探求する第一歩が始まるのだなぁ。仏の世界を音楽で表現させていただくことにつながるのだなと、ボクは思いました。」

(1997年7月)
「でも、雨の日には雨の日の良さってありますよね。ボクは。そんな日に自室にいると、雨によって外界から遮断されいるように感じて、とても内省的になります。」
「晴れの日に外にでて、なにかいいことがないかなあと探してあるくこともいいことだけど、雨のせいで外出できない日には、自分の心の中にある素敵なことを探したり考えたりするのも、大切なことかも知れません。」


(1997年10月 要約)
外人と何人か会って、異口同音に 日本人の音楽観は『何』より『誰』が演奏しているか歌っているかの方が重要なようだといっていた
日本人には、欧米ですでに確立された音楽文化が呪縛になって新たに表現すべきものが曖昧だ
「ものづくりの正確さ、演奏のうまさは高い評価を得ています。でも、いまひとつ魅力が足りないとか、表面的なスタイルやジャンルの真似に止まっているといわれがちなのは、そこに音楽家としての理想を仰ぎ見る思想が感じられないからなのかもしれません。」
ヨーロッパの高級車は値段が高いからではなくアウトバーンを速く快適に移動するための設計思想だからだ
理想を持つ大切さはブルックナーの人生からよくわかる


音楽が好きな皆さんはこれらの言葉を聴いてどう人物像を感じられますか?


Youtubeに 少しづつ水澤有一のライブ映像などがアップされてきているようです。
やっと、一般人が知ることができるようになってきました。

水澤有一の曲は、ラジカセなどの安いオーディオを考慮していないと思われ、
そうしたオーディオで聞くと、癖を感じる人がいます。
特に、ダイナミックレンジが広く、音が小さいと思ってボリュームを上げると、後でうるさくなるかもしれません。クラシックと同じです。
しかし、AVアンプなどでサラウンドにしたり、おそらくYoshii9などのタイムドメイン理論のを使うと
真価が出てきます。

とにかく、聞く人の霊性によらず誰でも心地よく思える、それがクラシックや他のヒーリングミュージックと違い、水澤有一の特色でしょう。

「幸福の科学がうそでも、大川隆法がうそでも、水澤有一の信じる仏は必す存在し光り輝いていることでしょう!」

そういうことだけは感じられる。簡単にはこういう曲は作れまいと思うし、ここにかいた言葉も作れないし無理に作るといいことし過ぎて精神に支障が出ます。 自身なりに正しい生き方をしているだから作れるのです。

彼の瞑想曲のCDが最後にでて8年ほど立ちますがあと80年以上は残したいです。

2015-05-03 水澤有一の曲をもっと楽しむ方法:ピッチを440から432にする。
432Hzで調律するとほとんど同じ音声のはずが なぜかぐっと楽しめます。
やり方はこちら今聞いている曲を432Hzに調律する
本人が見ていたらぜひ432をすすめます。

2017-04-24 私がお勧めする水澤有一のアルバムは 4枚です。これで世界巡りをしましょう。
4 金色の大道
3 光る風、よみがえるエーゲブルーの記憶
2 太陽の息吹
1 そして誓天奏がどう見ても神道がテーマで、それで!神道ってものすごく波動が高いんだ…なんて思わされる、ぐっと天高く引き込まれるアルバムです。

逆に「観」シリーズはみんな耳に焼き付いちゃっているとおもわれます。

もちろん寝る前は「星の海に」一択ですね。
スポンサーサイト

14 Comments

水澤さんのファン  

No title

ご存知と思いますが、水澤有一さんの瞑想曲集、太陽が照らす世界 -海-、-山-、-空-と3枚のアルバムが発売されましたね。とても心が落ち着く曲集です。

2011/12/24 (Sat) 10:42 | EDIT | REPLY |   

管理者  

Re: No title

> ご存知と思いますが、水澤有一さんの瞑想曲集、太陽が照らす世界 -海-、-山-、-空-と3枚のアルバムが発売されましたね。とても心が落ち着く曲集です。
あ、ほんとうですか。やあ久し振りですね。「観」から5年以上経ってもう一段洗練されているのかな

2011/12/24 (Sat) 19:01 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

「天使のモーニングコール」の背景に流れている
あのすばらしい曲は誰の作曲で、どうやって聴けるのか、を
ずうっと探していました。
情報提供ありがとうです。

入会したものの、建物が金色になったり選挙に出たりで
絶望して離れている者です…

2012/06/13 (Wed) 01:27 | EDIT | REPLY |   

LPCTSTR(管理者)  

Re: No title

> 「天使のモーニングコール」の背景に流れている
> あのすばらしい曲は誰の作曲で、どうやって聴けるのか、を
> ずうっと探していました。
> 情報提供ありがとうです。
>
> 入会したものの、建物が金色になったり選挙に出たりで
> 絶望して離れている者です…
どうもありがとう。
久しぶりのコメントです。

自分も、今の幸福の科学からはなれてます。
宇宙人まで出てきてこのカオス現状・・・

実はもっと美しい音楽を見つけまして。iTunesで「Thom Brennan」を検索してみてください。

2012/06/13 (Wed) 20:41 | EDIT | REPLY |   

2012-06-13 01:27の者  

non

>Thom Brennan
ありがとうございます。早速検索してみる事にします!

2012/06/15 (Fri) 05:18 | EDIT | REPLY |   

管理人  

Thom Brennanはこちらで

Thom Brennanのホームページ
http://thombrennan.net/
(英語)
で、試し聴きができます。
カルトが嫌な人に絶好の癒しです。

2013/03/02 (Sat) 22:30 | EDIT | REPLY |   

ayu  

No title

そもそも、主がうそでもといってる時点でダメですね。
信仰心がまるでないですね。
よく反省してください。
本当の信者は、水澤有一さんがうそでも主だけは絶対に大宇宙の根本仏であると信じているんです

2014/02/23 (Sun) 13:26 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

No title

CDで手に入ると思われるいいアルバムを見つけました。
ブライアン・イーノのLUXというアルバムは
ジャケットの絵のとおり秋の気持ちのいい日のような
すごく癒される音楽です。
大事なものだと思っていたものに飽きたら代わりに買ってみましょう。

それから 冨田勲といえばサラウンド収録。
水澤有一さんも本当にマトリクスサラウンドを使っている可能性があり、
つまりステレオ収録でありながらスピーカーで部屋を囲むサラウンドで聞くと
本当の音が聞けるのでは?明らかに後ろから音が飛び出す可能性があります。
何でそう思うかというと カテゴリの欄から資料をみれる
自作の(いちおう)サラウンドヘッドホンを使っているからです。

2014/06/28 (Sat) 22:36 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

この記事はいかがでしたか?
とんでもないことを書いてしまいました。
しかし、文句を言った人はなぜか一人だけです。
このことからいって
幸福の科学はどうなってしまったのだろう?
水沢さんが好きで入った人は今どうしている?
とてもぎもんです。

2015/02/06 (Fri) 20:13 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

少し前に戻ろう

水澤有一より前の、富田勲、喜多郎も
じつはかなりよいです。

というのも音色が洗練されていない割に、結構浄化作用があります。

喜多郎は最近表に出てきてはいない?
じつは、離婚してアメリカにわたり、
domo recordsからアルバムをだして何度もグラミー賞にノミネートされているのです。

音色も音質も格段に洗練されています。

海外においては過去のアーティストではありません。
ためしにiTunes Storeで検索して、
だいたいのアルバムがタイトルも曲名も英語だけど本当に日本の曲ですから、
購入してみてください。

たとえば、Sacred Journey of Ku-Kai, Vol. 2がいいでしょう。そう、空海です。

2015/06/30 (Tue) 20:38 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

Re: 少し前に戻ろう

> 水澤有一より前の、富田勲、喜多郎も
> じつはかなりよいです。
>
> というのも音色が洗練されていない割に、結構浄化作用があります。
>
> 喜多郎は最近表に出てきてはいない?
> じつは、離婚してアメリカにわたり、
> domo recordsからアルバムをだして何度もグラミー賞にノミネートされているのです。
>
> 音色も音質も格段に洗練されています。
>
> 海外においては過去のアーティストではありません。
> ためしにiTunes Storeで検索して、
> だいたいのアルバムがタイトルも曲名も英語だけど本当に日本の曲ですから、
> 購入してみてください。
>
> たとえば、Sacred Journey of Ku-Kai, Vol. 2がいいでしょう。そう、空海です。
大変なことです。
1 喜多郎は生きている
3 彼は離婚してアメリカに住んでいる
2 彼の曲は新しくなればなるほど霊的な効能や魅力がすさまじく増している
4 日本ではこれらの事実は見向きもされない iTunes(Japan)でも古い曲のベストアルバムしか売れていない 曲名まで英語になった
ぜひ、喜多郎の新事実を広めてもらいたいものです。信じられないぐらいの効果をみんなの精神にもたらすでしょう。

2015/08/11 (Tue) 21:23 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

先月、水澤さんの守護霊霊言が収録されましたが、大川隆法総裁の大講演会の説法は、音楽のように聞こえると言ってました。

水澤さんは、総裁の説く教えの世界観を音楽で表すことに取り組んでいるので、水澤さんの音楽が本物であると感じるのなら、大川隆法総裁の言葉も理解できるでしょう。

政治は正義の実現を目指すもの、水澤さんもそれを音楽として表現しているわけです。
宇宙のことであるならばまさに数学と音楽が中心になることでしょう。
水澤さんの守護霊も、プレアデスやベガの音楽を知りたいと言ってました。

水澤さんの曲がきっかけで入会する人がいるとは知りませんでした。
自分の幸福だけを考えている人は、入会してもやがて離れていきます。周りの幸福を考えることが自分の幸福でもあることに気づいた人は離れていきません。

地球神エルカンターレ大川隆法に対する信仰が水澤さんの音楽の本質でしょう。
水澤さんの守護霊霊言はそのうちに発刊されると思います。
直近の過去世はモーツアルトです。守護霊は言葉を濁しましたが、間接的にそれと分かるように言っています。

2016/05/08 (Sun) 23:21 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

Re: No title

幸福の科学はいいことをたくさん言っている宗教であるのは確かです。
しかし、私が疑問に感じるのは、幸福の科学の実際の行動にあります。
幸福の科学が善行を行う、世を救う効率がけっこう悪いのです。
信者は無心になって頑張り、金を出しいいことをいっぱいしますが、
それが効率が非常に悪く、布教はいつまでも楽になりませんし、1100万人の信者と言いながら断られ続け
建物ばかり立ちます。
支部では真理の教団なのにいざこざが多く、銀行より速く職員が変わって解決しません。
更に私は中学生のとき煩悩を無理やり削り正しく教団に従う人間を育てるサクセスNo1で精神を本当にこじらせました。
いまのサクセスはもっとソフトなのだそうです。
幸福実現党も問題があります。いろいろ世間から見て突飛なことを言ったり、選挙でやって 色物政党扱いです。これも効率が悪いです。
世間から見て突飛なことは今に始まっていません。ど派手な大講演会も突飛で、信じてもらえません。効率が悪いです。

実は教えも不思議です。水澤さんの過去世は私は「マーラー」と教わったはずなのですが、過去の事実というのが変わるのでしょうか。
こんなことは近頃良くあります。初期の本が再販、改訂されると、内容が少し変わっているのも不思議です。

結局、教祖さんや幹部がいい気分になっているだけで、実際は世を救えていません。
誰のための教団なのでしょうか。更に言うと、誰のためだけの教団なのでしょうか。
私は疲れてしまいました。

2016/05/09 (Mon) 16:49 | EDIT | REPLY |   

トロポサイト  

No title

また、今日ご紹介するのは
Tetsu Inoueという日本人と思われるアーティストです。
水澤有一に慣れていれば絶対に理解できる音楽であるうえ、
非常に深い、人の背丈よりスケールの著しく大きい世界を音楽でまさに描くことができます。
外人との共作もあります。
このような精神作用の強い音楽は日本において注目されないために
英語での情報がほとんどであるのが残念です。
明らかに水澤有一はそんな日本においてよく溶け込んだアンビエント音楽家であることに間違いないでしょう。

2017/01/17 (Tue) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い