リククーブログ

ARTICLE PAGE

NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功 というニュース

え、まさか、そこから出てくるとは・・・
やじうまPC Watch NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功
なんと通信研究で日本トップレベルと思われるNTTからフリーエネルギーの発表があったぞ!
信じられない。
スピン起電力はここのところニュースがなくて消えたと思っていました。
よりによってNTTがフリーエネルギーの発表をする、ついにこういう時代が来たとしか思えない。

マクスウェルの悪魔とは

かの有名な物理学者マクスウェルの思考実験、つまり若者風に言えば妄想で、
分子は一定の温度においても動きが遅かったり、速いものがあります
速いものだけ悪魔が別の部屋に移せば、分子の動きが激しいと温度が上がるし、遅いと温度が下がるので
温度差が生じ、無からエネルギーが生ずるのですが
ではここで言う悪魔とは何か。多分ありえないことを起こし頭を混乱させ議論が白熱することを考えて扉を開け閉めする何かを悪魔と表現したのでしょう。
速い分子を選り分ける行為にエネルギーが必要なのか。
今のところ、ある程度のエネルギーが必要だとはわかっていましたが、議論がありました。

NTTの発明とは


今回、分子ではなく電子、これを行ってほしい方向に行ったときに扉を開け閉めして一方向に流れるように選別して、直流電流の流れを生み出しました。
扉にはなぜか入り口と出口があるのが不思議で、ここがみそなのでしょう。逆方向の力は合算すると低くできる説があるので。
扉の開け閉めで消費する力より出力電力のほうが大きいという認識でいいのでしょうか。
また観測で量子もつれをなくし方向を確定させるというTwitterでの解説もあって、扉には高度な量子テクノロジーがあるようです。

今回の発明についてリククーブログの発表


フリーエネルギーの後進国と思われていた日本ですがここに来てNTTから発表があったのは凄まじいことです。
そして科学の本流からの発表と思われるので、
フリーエネルギー詐欺やフリーエネルギーを名乗るインチキ商品やカルト宗教のフリーエネルギーネタによる搾取を打ち砕くものであります。
そしてまたしてもナノテク分野からの発表でした。
これからはまっとうにフリーエネルギーが使われる時代になるであろうと思われます。
私も全然ナノテクじゃないことでやりたいことがあるのですが、スピン起電力に続きまた日本の研究所に抜かれてしまいました。
日本からのフリーエネルギーを楽しみにしています。
日本では海外の多くの国で軍事機密のレベルの技術がたまに姿を出す国だと思っています。日本からなら表へ出る。功罪両方あるのですが・・・


これがね、あれだけケッシュ財団を推していたスピリチュアルブログがスピン起電力のときとおなじ、無視を決めるとおもう。
そういったスピリチュアルブログこそあやしい
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い