リククーブログ

ARTICLE PAGE

提言:科学界に人間性を取り戻せ

科学はわかりずらい。なんでも数式で、教科書の説明も数式にのっとっているが、
数式ばかりにとらわれて原理について文でまともに説明できないことが、量子論はともかくいろいろ多すぎる。
量子論も数式にとらわれており、別の恐らく違和感ありまくりな文であれば、多少よりいい説明はつくかもしれない。(観測するまで何でも未確定というのは逆にそれを念力で操作できたことがある、それも私だけではない、成功理論の本の世界)
説明の代わりに数式。何言っているのかわからない、あげく数式をとりあえず覚え、こねくり回して、何かはできたが、何をやったのかわからない。
始まりも終わりもわからない科学数学は私は嫌いです。まるで魔法使いの弟子がとりあえず呪文を唱えているのと同じ。
そういえば英語の教本は手取り足取りいちいち教えてくれるらしいじゃないですか。
日本の科学の先生は厳密な理論の定義を教えるだけで、それを実感させるものがない。電磁気の実験がまさにつまみを回して数値を書き込むだけで、それにとらわれているうちに、自分が何をやっているのか全く分からなくなり、何も得るものがない。
まずは部品が痛まない範囲でつまみを回しながら針の動きを見てもらって、これは何かが起こっているぞと実感させないといけない。

科学は特定の訳の分からない一部の分野とさえ言えない研究だらけになった。SFの博士のような、何でも知っている博士はいません。
何でも知っている博士はすごいものをいっぱい作れるが、一部しか知らない博士はもくもくと訳の分からないことをやって、訳の分からないことを成果にして、実際にまとめ、具現化する、それをやっている人はなぜか表に出てこないので、
またよからぬ超兵器や、監視装置やら、どうせそんなことに使われたりする。
いま必要なのは一応何でも知っている博士です。そういう人がいないと具体的なものが出てこなくて予算カットされて当然。

科学はどうせ兵器や監視装置に使いたい人がいるのは決まっている。でも政治と科学両方に強い人がいません。
両方に強い人がいないと、無駄に戦争をやったり、監視社会になったり、科学によって国民の魂が抜かれ、ディストピアができるかもしれないし、
包丁から核技術まで所詮技術は使いようなので、政治が絡んで当然。
どうせ兵器や監視装置にするなら自分たち、日本だったらユートピア的な国民性をふまえ自分の国を守る機械を作らないといけません。科学研究の情熱を止められる人はいなく、どんどんできないことが減りますから、できたものは使われることになる。
何に使うべきか、真剣に考えてくれる人が、科学と政治両分野で存在する必要があります。
そして科学者は今現実を見ないといけません。科学者は精神も進んでいるからくだらない闘争とかわからないものです。だがそういうベクトルによって動いている「猛獣」はまだ世の中にいます。「敵」はまだ存在するのです。

科学の世界は心の存在を無視する人が多い。しかし人間の心をよく研究しないといけません。
一般人はくだらない欲で生きているし、大富豪だって自分の役割と地位と名誉の重圧で苦しんでいるというのですよ。
そんな世界で心なんて知ったことないといえるでしょうか。心は未来をどう創造したいのか、どう技術をつかいたいのか、どう楽しみたいのか。
パチンコやスマホゲームで中毒になったりするのですよ。人間の心が科学に追い付いていない。だが科学者自身はきっと追いついているはず。テクノロジー中毒にならないための啓蒙が必要です。

科学の未来のために。誤差の研究も必要です。もはや誤差からしか新しいものは出てこないのではないのか。
ひどい誤差の出る実験。とりあえずグラフはまっすぐ。ランダムが入っている現象。単発現象。時にエネルギー総量が増えるかどこかに消える。
誤差を減らす工夫もできるが、理論式と誤差の違いを突き詰めれば、きっと新しい現象や理論が浮かぶはず。
すべては量子の動きによる統計です。量子から誤差の研究に入れはきっと何かわかるはず。
逆に超伝導のような、本当に全く0になってしまう現象ももっと見つけてもらいたい。

あと実際に科学技術を広めるには、開発者と生産者のサポートが必要です。
日本のお客様は神様だから、できたほとんどの良品に感謝せずに、
そのほかもほとんど良品なのに理想論を使ってあげつらって些細な欠点を指摘し、人を憎しむのが大好きなクレーマーが消費者にもQCにもいますね。憎しみが仕事なのかよ。
クレーマーは地獄でどうぞ存分にクレームしてください。
プロジェクトXの情熱、好きです。しかし技術者も生産者も自分が完全につぶれてはTHE ENDなのでどうか死なないようにきつい環境からは逃げましょう。
特にコンピューター業界は予定通り物事が行くことなんてありえないので一見さぼっているように見えるハッカーこそが一番成果を上げます。
日本、何が技術立国でしょうか。今までのところ技術屋は所詮召使と同じなのです。ところがフクシマ原発事故はその祟なのです。技術屋は単なる召使ではなく、ときに知らないことを教えどう装置を作るべきか言う人なのです。たまに先生になるのです。
そこを東京電力の幹部は押し切ってしまいました。
逆に東北電力は女川原子力発電所の建設に技術者の意見をさんざん断りつつ呑んで、引き波に備え海底をほって冷却水を確保するほどの努力をして、3.11を乗り切ったのです。
また日立製作所の特許で揚水発電との複合によりさらに高台に原発を設置できる特許もあります。
#本当にブラック企業で苦しんでいるならCADやシミュレーターなどの違法コピーを調べてBSAにチクるといいですよ。あとで誰がチクった!て騒ぎになるけれど。

最後にスマホを使うだけの皆さんは、最近話題になったように
CPUやメモリを作るときに暑苦しい防護服に身を包み窓のない機械だらけの部屋で弗酸(ふっさん)が体に触れないかひやひやしながら仕事をしている、クリーンルームの作業者に感謝しましょう。誰かが危ない仕事をしているから半導体はあるのです。

科学研究と応用は人間がやっている。絶対的な自然法則と違いやっている側は所詮サルの親類だ。そこを自覚してうぬぼれることなく科学に向き合ってほしいです。
あ、思い切りたたかれることを承知で書いています。なぜならこのブログは(以下略)

#技術が発達するほどなぜか芸術は退廃して行くのがおかしい
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い