リククーブログ

ARTICLE PAGE

AMDのCPUのどこがいいのか

[NOTICE]オカルト注意。

AMDのCPUをしぶとく使い続けるマニアが存在します。
Ryzenには期待だがここのところAMDのCPUは明らかに性能が悪く、オーディオ見たく言うならプアであった。
それでも使う理由はもはや心理的作用だと思われます。

AMDがイケイケの頃のTurionX2搭載のパソコンでLinuxを使っていたが
intel corei7 620 搭載のがeSATAポートがあったのでLinuxもそっちに統合しようとしました。
ところが、intelのを使っていると、全てにおいて冷静になってしまい、理性的で興奮もなく、
ゲームで負けても、こんなものかと思ってしまいます。
AMD搭載のパソコンでは気分が上下し、興奮し、感情を揺さぶられます。
なおメモリーは同じく8GBだと言っておきます。

こういうのはChromeとFirefoxの違いにも似ています。
Chromeのほうがいま表示が断然に速いが、ページを冷静に見てしまうでしょう。

多分天才が心を鎮めて楽に作った、冷えた雰囲気のマシンと、そうでない人ががむしゃらに作ったマシンでは、雰囲気が違い、
それが利用者の心にもたらすものがあるのでしょう。
現時点でも数世代前の3DゲームをアツくやりたいならAMDとRadeonがいいと思われます。
皆さんはパソコンを速さだけでなく、使っていてどういう気分になるかを確かめて使っているでしょうか。
それが、労働の疲れや作文やネットサーフィンにどのようなことをもたらすと思いますか?
実はTurionの方のパソコンはGPUの冷却を改善して(謎のスポンジ>>厚みを調整したトタン板2枚)使い心地を良くしました。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い