記事一覧

[BRAKING NEWS] John C Bedini 12月6日に死去

フリーエネルギー研究の権威の一人に数えられる、John C Bedini氏が現地時間の12月5日に亡くなったことがわかりました。

The End of an ERA - Energetic Forumが追悼スレッド。

彼は日本ではTHRIVEという映画でフリーエネルギー装置を安く売ろうとしたら研究所が荒されたという話で有名ですが
精力的に未知の領域を探り、できるところまでインターネットで技術を公開しています。Bedini Motorやバッテリー復活、電気治療、また古いトランジスタでオーディオアンプを作りBedini Ultra QualifierというCDの音を良くする装置でオーディオマニアに知られてもいます。

この分野、わけのわからないことだらけです。彼のBedini Motorについては懐疑的な方も多いでしょう。
だが技術はスーパーキャパシターの階段電圧充電に似ており、効率良く電池を充電できるのはたしかで、
このブログでもアクセス数がぐんと伸びている「ラジアントチャージ」の発信者です。

とにかく突然亡くなったということで、私も心がぶれています。追悼スレッドのタイトルは 「一世代の終わり」です。

追記:実はニューマンモーターで有名なジョセフ・ニューマン氏も2015年に亡くなっているらしいです。

2017−10−06 r-charge.net、John Bediniの技術のキットなどを売っている有名なサイトでしたが、
運営者のリック・フレデリックが2011年にBedini氏のパソコンからまだ未公開の技術を盗み出して、製品にして売っていたという疑惑が持たれています。
いま、彼は研究者の輪から外されているようです。また中国にも製品を売っているという噂もあります。
私がいまやっている増力トランスの研究は flynn parallel pathなどの国際特許が日本では効かない・切れているなど、微妙に独自技術として提供できるつもりですが、
どうもこういう他人の技術を盗みだすというのは 私の意見でもフリーエネルギー技術はみんなのものにするべきだとはいえ、
発明者が秘密にしたければそれに抗うのは良くないです。
また、支払いが終わっても製品が届かないという報告がいくつかあるので、日本人がそういう目にあったら、
かつてr-charge.netを勧めていたリククーブログです、コメント欄にください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

検索フォーム