リククーブログ

ARTICLE PAGE

ハードオフのジャンク商売が何かおかしい件

ハードオフのジャンク品は、ある種の博打であり、なんだかちょっと立て直しで動いてしまうものがあれば、
すでに修理に失敗して無茶苦茶になったものまであります。
すさまじいのはニコイチ(2つのいい部品だけ合わせる)で中古品としてオークションで売る猛者がいたことです。
しかし、最近はハードオフのジャンクを真剣にあさる人がいないようです。
誰も要りそうにない部品がたくさん、積もっているのです。こんなにも不良在庫などあるのでしょうか?

何が問題

ジャンクの値段付けや買い取り金額がよく分かりません。店員の知識にも左右されます。
なんでもネットオークションの真似だそうです。

どうも、ひとつひとつの商品がどれだけ具合がいいか、悪いか、見ていないようです。
これがハードオフの博打性につながるのですが、部品が欠けていても一応動くものがあっても、おなじように売るようです。
接触不良ならスイッチの取替で治ってしまいます。
LANケーブルのよしあしは専用の機械でただちにわかります。初期不良の保障がつけられます。

古い部品があります。
例えばPCMCIAカードです。それぞれ無線LAN、USB、FireWire、パケット通信の機能があります。こいつらの機能は今ではパソコン本体が持っているのが多く、
必要ないし、さす穴もないです。しかし少なくとも100円はします。
ほかにもパソコンの周辺機器は既に本体に機能が入っていていらないものがたくさんおいてあります。
かなり古いものにはいい値段をつけるのですが、誰もが無視する時期でも、高めにつけます。
今の時代はパソコンさえあればなんでもできるので、いらないものが非常に増えています。

取るに足らないものまでジャンク売場にはおいてあります。本当に奇妙なものまであります。
そういうのはマニアだけ来る秋葉原のジャンク屋の売り物だったはずです。
安く買ったコンセントプラグに盗聴器が入っていたり、USBデバイスにマルウェアが入っている危険もあります(ITセキュリティに詳しい人がみんな知っている問題)。

こうした意味のないゴミがジャンク売り場の雰囲気を汚し、立ち寄れない、埃臭い、損しそうな雰囲気を出します。
綺麗なリサイクルショップは厳しい査定があります。5年前の品物がどんなに綺麗でもダメになったりします。

なぜジャンク品がつもるのか?

ハードオフは本社がのれんとデータベースとマニュアルを貸すことで儲けています。フランチャイズ。
フランチャイズは最近叩かれている形態で、
本社が価値のあるブランドを持っていれば実際に店を出す業者がいくつもつぶれても平気です。
コンビニ店長がのれん代などこのしくみでものすごく苦しんでいるのです。同じ事が起きている可能性があります。
このままではハードオフのブランド価値がかなり落ちます。

在庫低減する提言

おもうに、店員が知識豊富だと逆に価格が上がりすぎて売れないという変な現象があるようです。
店員がバカな店の方がマニュアルどおりで適正な値段で、面白がって買うようです。
誰もが要らないと思うものはものすごい安値で売るのがジャンク屋だったはずです。
それと、コンピューター関連の品物は思い切って「受け付けない」というやり方もあると思います。ジャンク品の半分がオーディオ、半分がいらない情報機器です。情報機器は新品の方が安くて高性能だからです。

そんな中でめっけ物はあるのか?

スマホで製品のスペックや価格を検索してこれが安い!とわかる。また商売の鉄則の一つを知っていれば見渡すだけでやすいとわかる。ここは教えません。自営業でもやっていればわかるレベルでしょう。
まずは純正インク。Canonの7e黒のインクです。いろいろなハードオフに転がってるかも。最新の321、326もなぜかたまに見つかります。
Canonの6は少なくなってきた、使えるのはip4100初期型までのようです。3eがしぶとく残っている。
MOやBetaなどの旧式のメディアはハードオフで見つかります。カセットテープは90年代の高音質なものが出てくるかも。ただDVD-RAMやZipなどもうハードオフですら出まわらないものもあります。
ACアダプタをなくしたらハードオフへゴー。デジタル機器向けなら持ってみて軽く、端子の形と、穴がプラスかマイナスか、出力電圧、電流があえば、故障品がなぜか少ないので使えます。
パソコンのATX電源は陸軍端子を取り付けて実験用にする人がいます。ペルチェ素子などの大電流デバイスが使えます。
ラジコンやロボット競技で12Vの電源から充電したい人がいますが、ATX電源を改造すれば、かんたんに12Vの15Aが使えてまったく心配いりません。
大電力用の部品がいっぱい詰まっており、大きなFETや巨大なコンデンサやチョークコイル、ブリッジダイオードや放熱器があります。
出力の大きい40W程度のハンダゴテのほうがこれらを取り出すには得でしょう。
一番大きいトランスはバラせます。新品では手に入らないフェライトEIコアが手にはいります。しかし割れやすい。
どうもハンダゴテで接着部を加熱するとうまくEとIが分離します。
フェライトのEIコアは大電流チョークや自分で特別なトランスをこしらえたい場合にうってつけです。
LANケーブルやUSBケーブルもおそらく使えないことはない。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い