リククーブログ

ARTICLE PAGE

LEDで発電プロジェクト

フリーエネルギーの実験をやってみてドボンばかりです。ざまあ見ろと思っている読者も多いでしょう。
こう、今まであるのと同じ部分が多いデバイスだと、うまくいかない気がするし、
絶対にフリーエネルギーができる方法はinvexeeさんがいっているように絶対に伝わらないようになっている。
なにか今までとまったく違うデバイスでないと、フリーエネルギーなんてできない気がしてきたし、
そうしたら、もしフリーエネルギーが無理なら別の扉が開かないかと思ったのです。

とにかく、すぐ前の記事の実験がうまくいったら報告ください。

今回はLEDで発電する実験を試みます。
LEDは太陽電池のちょうど逆の作用だというのが有名で、しかし発電の効率は低いというのが、常識です。
しかし普通の高輝度LEDのデータを見てください。光の出る角度が中心から20度ぐらいの狭い範囲なのです。
であるからして光をうけるのも、太陽から少しでもずれると、うまくいかないのです。

今回「帽子型」LEDを購入します。帽子型は光が中心から120度の範囲まででます。光をうけるのも、広範囲で、
レンズ作用で素子に光が集中するでしょう。
もちろん一番発電量が大きいとされる、赤です。帽子型に「高輝度」はありません。光が広がりすぎるからです。
しかしその分強い素子が入っているのを期待します。

今回、BET=100です。100個購入して25x25のアレイを構築したいです。

届いたので一つだけ取り出したらデジタルテスターと読書灯でテスト。読書灯にLEDを突っ込むと直ちに1.4Vがでます。
しかーし、電流計モードにすると、なんと 5μA しかでない。 早くもドボンか???
(実は、帽子型ではない手持ちのLEDは、ほとんど電流が出なかった。0.1μAぐらい。それに比べるとすごい)



レンズで光を集める、集光型太陽発電は、大規模システムではすでに採用例があります。
半導体が大量に必要なわけではないので、コストがやすく、高価で小さい素子を使えるので発電効率は40%いくかもしれません。
本当は競争力がありますが、マスコミを始め伝えないというよりしらない人が多いと思われます。
なぜかというと、ひまわりのように太陽に向けるための機械部分が必要など、屋根に乗せられないのです。
太陽光発電プラントが欲しいなら集光型太陽光発電もダークホースかもしれませんよ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い