リククーブログ

ARTICLE PAGE

Linuxの超初心者むけHOWTO

(前のホームページの記事をだいぶ変えて投稿)

まずは、
Linux初心者がやってしまいがちな10+の過ち
でも読んでみてください。

rootでログインするなというのは

rootになるというのは
自分のLinuxの創造神にでも破壊神にでもなるようなことで、
Windowsは重要なファイルは隠されていたり消しても復活したりするし
システムの細かな設定や中枢の設定は自動ですが
UNIX系でrootで下手な動きすると取り返しのつかないことがあったりするから…。

いろいろとLinuxを使うにはコツがいるんです。
それから、しっておいた方がいいことも、あります。

ソフトウェアの話

設定ファイルがいろんなソフトにあって、
メモ帳みたいなので記述を変えてカスタマイズというのがよく有ります。
Ubuntuは設定画面でできるらしいですが。
カスタマイズ性は凄まじく、
ハマると最悪カスタマイズするためにパソコンを使う様になるかも。(テーマを選ぶだけならいいんです)
あまり執着しない様に!

困ったら検索。ヘルプが英語でも日本語でなにかきっと情報がでてくるでしょう。

システムの知識がいくらか知っといた方がいいでしょう。
Windowsはほとんど無くてもなんとかなるけど
Linuxは多少は基礎知識があった方がいいでしょう。
あとシステムの知識はWindowsとLinuxでちがいます。
パソコンのハードの知識は同じでもカーネル、ファイルシステムも、
Windowsのウィンドウシステムと、GNOMEやKDEのちがい、またDirectXじゃなくてOpenGLとか違います。

たまに、何時間もかかってこれだけ設定すればいいとわかったってことが、はっきりいって何度か有ります。
ただ使ってるだけでなくのめり込むと起こり得るのですが、そうでなくても、ハードウェアとの相性で起こることもありえます。
(誰かがそれを解決方法と共にブログにのせていたりもします。やはり、検索。)
時間のない人はやはり金です。まだWindowsがいいでしょう。

コンソールでコマンドを間違える

この手のミスは、かならず出現します。
chmodのオプション、-Rと-rを間違えた、読み込み権限を落としてしまったとか
cpがディレクトリをコピーするのにオプションがいるとか
ファイアウォール設定のiptablesでネットに繋がらなくなったとか遠隔操作できないとか
やっちまったああああああああ(2ちゃんねる)などには
いっぱい載っています。

また、これで何が出来るというのを説明せずにこのコマンド打つといいよという記述は
実際にそのコマンドを実行するとむちゃくちゃなことになる引っ掛けです。

ハードウェアの話

真新しいパソコンではチップセットのドライバなどが用意できていないことがあります。
まてば追加されます。

BIOSのせいでうまく起動できないことがあります。
そんな時は、カーネルの起動パラメータでうまく起動するかも知れません。
Windows Vista以降が入っているパソコンで私がおすすめするのは
acpi_osi="!Windows 2006"です。
HPのパソコンでは
acpi_osi="Linux"
が使えるらしいです。
起動パラメータを試すときはLinuxの起動する前で、単純なプログラムの上でするので
英語キーボードじゃないと記号キーの位置が狂っているので(最近はこんなことのないUbuntuなどがある)
片っ端から記号のキーを打ってどの文字がどのキーなのか見ないといけないです。
実は、この時FnキーがShiftキーと違うけれど似たような働きをします。これでどうしても打てない文字が減ります。
これがいろいろあって初心者は片っ端から試すしかないかな?
とにかく質問するときには自分のディストリビューションの種類とパソコンの型番メーカー
あと、エラーメッセージも必須です。

グラフィック

今はLinuxでも、slackwareでさえデバイスを自動認識するので、
万が一なんか画面に異常が出ても解像度が最大になってないとかぐらいです。
その時のxorg.confの設定が出来るかな?

Linuxで3Dを本格的に扱うなら、nVIDIAのグラフィックカードとnVIDIA純正ドライバがいいでしょう。
CUDAも動画再生支援も使えます。
純正といってもWindowsとちがい、パッケージ管理ソフトからいれた方がいいでしょう。制限付きドライバとかプロプライエタリドライバとかというものです。
オープンソースのドライバはまだ遅いです。しかし、古いグラフィックカードではよく動きます。
性能を求めないなら、Intelのオンボードでもうまく動くはずです。こちらはオープンソースで性能も最大限に発揮されます。

ATIのは公式ドライバは昔は不安定で、描画をうまく使える保証はあまりなく
使えてもCPUパワーまでだいぶ使いノートパソコンではすぐ電池がきれたらしいです。
今ではだいぶ改善されましたが、なんとWindowsほどATIの実力は発揮されないようです。
オープンソースのドライバは安定して動き、常用ではこっちの方が軽いとか、
評判はいいですが数年前のATIのフル機能は使えても近年のものの機能はフルに使えません。

ってLinuxに3Dのゲームってあるのかというと
あります。Linux、UNIXでしか動かないオープンソースのがあるんです。
ボランティアで作っているので開発費はかけられないもののレーシングとかあります。
でもみたかぎり文は英語です。
extremetuxracer(ペンギンが滑る)は簡単かな?

SiSの内蔵グラフィックは鬼門で、何らかの制限があることがあります。
これは今はすごい安物のパソコンに入っていることがあります。
SiSはオープンソースに積極的でなく、情報を与えないらしいです。

どうしようもないならvesaというドライバを使うといいです。
ワイド画面が使えなかったり描画が目に見えて遅いとかありますけど

周辺機器

Linuxでも最新の周辺機器を使いたい!をみると、大体わかります。
ドライバがあってもまだ使えない場合はパソコンにつないだままパソコンを再起動するといいでしょう。(depmodやmodprobeを使うと再起動がいらない)

プリンタが一部の機能が使えないと書いてあったんですけど
具体的にはCanonは複合機のスキャナが使えなかったりCDに印刷できなかったりで
Epsonもにたようなものかな?
もちろん、メーカー製のドライバが一番良く印刷できますが、
何らかの支障があるかもしれません。
オープンソースの、gutenprintというドライバでまず確実に印刷できますが、
品質は、そんなによくない。でも文章を印刷するなら十分です。

新しいプリンタを買うなら是非HPのプリンタをおすすめします。メーカー製のドライバがオープンソースで、
どのLinuxにもそのドライバが入ってます。
ただし写真を超高画質でプリントなら国産。

Intelはオープンソースに積極的なのでIntelの無線LANとかも既にドライバがあるはずです。
WIMAXのドライバなんてありますがどうつかうの?

あと、Linuxの強みは、古いドライバも使えることにもあって、
かなり古いパソコンに徹底的に軽くしたLinuxをいれた人もいます。
新しいWindowsで使えなくてもLinuxで使えたりするんです。ドライバがあればですけど。
MatroxとかVoodooとかS3の古いのとかもドライバあります。
古くてわけわかんないハードウェアのドライバまでは揃っていないと思います。
これでもUbuntuなどの便利そうなものに限って遅い。
軽いLinuxディストリビューションにpuppy linuxやxubuntuなどがあります。

人間はどうするか

企業は、お客様は神様ですなんて言えるけど
オープンソースは無償ですからそうはいってられません。
すごいソフトでもボランティアによって支えられているので 気遣いも忘れずに。
あまり愚痴をいいすぎると開発が止まってしまいますよ。
乞食の根性持っている人には向いてないのかも。

英語を身につけた方が得なようです。
オープンソースの開発なんかは英語でやりとりしています。
ヘルプも膨大な開発書類も英語で書かれています。
私は英語があまりできないのでLinux文化に深く関われません。
(インターネットそのものが英語が中心で日本にない情報も英語にあったりするぐらい)

詳しい解決策は

ネットで検索です。 自力、自立こそボランティアと関わるのに必要なことですが
Linuxと関わるのにだってそうです。
Linuxは好きで無いとむずかしいかな。仕事ではまだWindowsでしょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い