記事一覧

freshclamでうまくアップデートができない症状

ClamAVという、ただで使え、一般のハッカーによるウイルスパターンファイル作成の、
ウイルス対策プログラムがあります。

これは、ほとんどのLinuxディストリビューションで使えるはずです。
しかし、意味不明、修復不能のエラーが出ることがあります。

その一つが、freshclamコマンドによるウイルス定義のアップデートです。
このとき、エラーが出ることがあります。

Official Mirror Faqの一番上、DNSのエラーです。
何度も何度もダウンロードを試みては、サーバーが見つからず、時間が無駄になります。
サーバーにはつながっているのですが、freshclamのほうで正しいサーバーか検証して、なかったということです。
具体的にはDNSの付加情報のTXTレコードを見るのです。

実はネットワークが全く壊れていない状況と思われるのに、このエラーが出ることがあるのです。

20151213 どうやら根本的な解決法が見付かった。
Logitecの無線LANルーターのDNSキャッシュ機能が簡単にできているもので、
それのDNSサーバーの指定をプロバイダのDNSサーバーのアドレスと例の8.8.8.8をセカンダリにしたらfreshclamが難なく通るようになった。
みなさんも無線LANルーターなどの簡易なDNS機能を搭載する機器に注意してください。
どうしても設定をかえられないなら、
freshclam --no-dns
を試してください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

検索フォーム