リククーブログ

ARTICLE PAGE

ウォークマンを治す(故障は端子を磨けば治る?)

職場にマトリクスサラウンドヘッドホンをデモするために、
携帯オーディオを持ってない自分は
父のカセットウォークマンを持っていくことにしました。
誰も使わないこれは、充電池の液漏れの跡があって充電池を使うのもあれなので
乾電池ボックスを使うことに。
ところが、電池が10秒しないですぐ切れる。
おや?
みてみると乾電池ボックスとの端子の色がくすんでます。
じゃあと
シャープペンシルの先と、紙やすりでそこをこすります。
乾電池ボックスの端子もこすります。
だいぶ持ちがよくなったが まだ切れる。
そこで、消毒用アルコールです。
綿棒やティッシュにしみこませ端子を磨くと完全復活しました。

リモコンも誤動作するので中を開けて配線のハンダ付けをし直したんですが
どうも、調子がいい時と悪いときがあります。
あれ、再生ボタンのおした感覚がおかしい。
もう一度組み直すと、ほとんど治りました。

どうやら、ハンダ付けのときに、面実装部品は機械で精密にできてますが
配線を手でハンダ付けするときにヤニがとけ切らないうちに次のハンダ付けに行ってしまって
何かの拍子に接触不良になるようです。
かなり、ヤニがたまっていました。

相当前、鉄腕DASHでベータマックスの修理を放送したとき
故障の原因の多くは接触不良とナレーターがいっていたのを思い出します。
あの時も回転ヘッドの半田を直していました。

じぶんも、おもちゃの電子オルガンの故障を鍵盤の裏の端子をヤスリで削って治したりしました。
意外と、工場で完璧に組まれていないようです。

それと、実は、ドスパラにジャンクのプリンタでiP4200があって、これはちょっと新しいんじゃないかと
これだと思って、500円でかって、どこかこわれてるんだと思ったら電源スイッチのききが悪いので
手持ちと(アキバで買えます)交換したら、見事に完全復活したことがあります。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い