2015/07/12

ATX電源のフェライトコアでオーバーユニティを目差す

2017−10−25 全面更新

UDTとはなにか


UDTとはUniDirectional Transformerの略で、単方向トランスです。
A Free-Energy Device - hyiq.org
ここに文だけですが、フリーエネルギーの装置にしてすべてが説明され、仕組み自体もわかりやすく単純で、
最後のライセンス文の代わりには驚いて、これはいけると、このトランスがちっとも追試例もないのに勝手に一人で研究していました。
EIコアに 入力巻線は真ん中、出力巻線は端っこ 出力には入力巻線の上に巻く還流巻線が存在しこれは入力巻線の磁気を増やすという、非常に不思議なものです。
なんどもなんども実験を繰り返しましたが、2回だけ、まさかこれは、という結果になった記憶があるものの、記録に残せなくて 失敗だらけでした。

明らかに成功したUDTの実験


UDT
UDT+NIC回路 配線
UDT+NIC回路 回路図
この実験を説明する前にNIC回路というものを説明する必要があります。
マイナスの抵抗を真似する回路で、フリーエネルギーの分野で語られる本物のマイナスの抵抗と違い、電源からエネルギーを取り出す必要があります。
このようなしくみは殆どの発振回路に必要なもので、抵抗と電流の向きが逆であり電気を与えるものです。
シミュレーターでもわかるとおり、1:1のトランスとコンデンサ、マイナスの抵抗と負荷抵抗をつなげると、
負荷抵抗がマイナスの抵抗の絶対値以上で発振し、それ以下ではまるで発振しなくなります。

ところが、上記のNIC回路が真似をするのは-22Ωですが、UDTを介して負荷抵抗につなぐと、それが1.2Ωでも発振します。
負荷抵抗のp-p電圧は22Ωで1050mVで1.2Ωでは180mVです。この消費電力は半分ぐらいしか違っていなく、相互誘導が一体どうなっているのでしょうか。
しかも発振周波数も極端に上がっているわけではない。それにUDTもJensenさんの言うとおりに、EIコアの真ん中のあしを削って目視できるぐらいに隙間を開け、巻数も電圧比が1:1になるようにしました。
フェライトEIコアの大きさは22*20*6mmに収まるぐらいで、信号用と言われましたが、今このサイズはスイッチング電源用ですね。

次の日の考察

早速インバーターで方形波パルスを流し回生する実験をやってみたが、いつものように完全に効率が1を切った。
やはり永久機関の実験は失敗しますね。
しかし、これは一部の分野から見れば涙が出るほど夢のようなトランスではないのか
という結論に至ったのです。
えらいことにサイリスタチョッパとかタップで巻数を変更とかしないでかなり低い抵抗をまんまと駆動して、
電源の出せる限りのエネルギーを引き出せることがわかったのです。
同じトランスで、低電圧大電流から、高電圧小電流まで、そこそこの効率で対応できるので、
例えばモーターの始動で無理がなくて瞬停しないことが考えられるし、
電熱ヒーターや真空管のヒーターの始動時も相当に抵抗が低いのですが、これも無理なく動かせるし、
オーディオアンプの出力段でよく使われる非安定の直流電源をパワーアップできるし、
それにノイズレスのシリーズ可変電源が低い電圧ならスイッチング電源の半分ぐらい大電流流せて、発熱も少ない、というのができてもおかしくないです。
それにJensenさんが早とちりしてライセンスが完全にフリーなのでどこでも使い放題です。

UDTのLICENSE

Free-energy technology is not meant to be controlled by vain and greedy parasites who wish to use a gift from God to exploit their fellow man. Free-energy technology represents a spiritual transition of the human race. Free-energy is not meant to be owned, period!


すなわち、フリーエネルギーは神からの贈り物であり、誰かの所有物にすることはできない。
スポンサーサイト
2015/05/26

速報:ノリマキコイルはやっぱりオーバーユニティみたい、検証求む

今日は、作っておいたけど効果がはっきりせずにおいておいたノリマキコイルIIIでやります。
ノリマキコイルIII
トロイダルコア:FT-114-43 55T 入力コイル
ネオジム磁石:ダイソー 2400ガウス
出力コイル:特製の巻枠にたぶん110T 2直列 巻はじめは分からないが出力の出る方向へつなぐ

今回、なぜこの様な記事を唐突に書けたかというと、正弦波交流の消費電力のあれを思い出したからです。
つまりピーク電圧*ピーク電流*力率/2だったはずです。実効値に直すルート2をまとめると半分になります。
今回は発振回路の消費電力でなく、この方法で共振回路の電力を割り出します。

今回の回路図
オシロスコープのGNDを回路のGNDに、プローブをPROBE1,2につなぎます。

実体配線
電源はNiMH4本で±2.5Vていど オペアンプのパスコンは104です

オシロスコープのノリマキコイルIII入力波形
オシロスコープの入力波形です。クリックで拡大。

この方法で、入力、力率0.033(0.1DIV) 1.03mW 出力 1.96mW でした。
調子が微妙に変わります。
波形が謎のプルプル振動を始めてプルプルしていない下半分で測ると入力1.08mW 力率0.066 出力 1.75mWになったりする。
さらに、こんどはコイルに直列の2.2オームを1.2オーム並列にすると、入力0.5mW 出力2.4mWになります。Qの向上がこのマシンのキーです。こうくればYMOですねえ。

20150531 あるフリーエネルギーの達人から、「微弱出力では誤差と見られる。」「電車を動かせ」というメールが入りました。
FT-114-43は無線機の送信フィルターに使われる、大きめのフェライトコアで、これで2mWはしょうもない。
また無闇にさらに大きいFT-140-43に変えても無理です。
こいつは1Wは難しいのでなにか改良を加えないといけません。

20150606 こんな日付でもめげずにやってます。普通のパソコンの電源のトランスのコアを使って実験したく、巻枠を作りました。面倒です。
ノリマキコイルの類は普通のトランスとしての相互誘導をうまくさけます、この前のトロイダルコア2層巻でも半分でトランス、もう半分でトランスと逆向きの動作をしますがこれは出力から入力に帰還しているようでもある。
また磁気飽和で磁気の向きが変わり、漏れ出すことを使っています。これはフェライトの非線形をつかっている。
ノリマキコイルの類はThom BeardenのUtilizing Scalar Electromagnetics To Tap Vacuum Energy のPPCMというデバイスの一種だと思われます。
なおフリーエネルギー界で有名なThom Beardenの話は鵜のみにしないこと。半分は合ってる。

20150610 パソコンの電源トランスを使って実験していますが、今のところメリットを感じません。
まだ手探りですが、
どうも動作周波数より出力巻き線の共振周波数が低くて(駆動回路のコンデンサをはずして出力コイルをドライブすると分かる)、コイルの働きがなくて出力がない可能性があります。
これは動作周波数を下げる、もしくは巻き線を減らす(!)ことにします。
それと、発振回路の消費電力が下がらないですが、入力巻き線を巻足すとその分少ない電流で同じ磁力が出る、このデバイスでは相互誘導でその磁力が潰れることがないので、検討にいれたいです。
2015/04/23

トロイダルコアエネルギー 時代は今トランジスタ

本当に申し訳ありません。
出力抵抗につけたプローブの倍率が1倍だったのを10倍で読み違えて浮き足たって喜んでいました。
本当の出力はおそらく百分の1です。
潜在意識がエネルギーを欲しすぎたみたいです。

まずいことになった。これから変則的なSRモーターの実験をやって、ロータリーアトラクションモーターをつくる
それが無理なら環境熱でわずかづつとりたいです。
2015/03/08

トロイダルコアでフリーエネルギー?

[失敗]20150420 失敗しました。
というのも、GNDをすっぽ抜かしてV+からV-にぬける電流を発見したからです。
[失敗かどうか疑わしい]20150525
別の方法で消費電力を測定すると?しかも改良前に戻ったようなのり巻きコイルIIIで。
オーバーユニティみたい


こんにちは。
ノリマキコイルが失敗してから3週間ぐらい立ちました。
しかし、別のものを計画し、部品の加工をはじめてからも、やっぱり諦めきれなかった。
形を変えてみたけど駄目。
ではと、この様にした。

実験記録


アミドンのFT-114-43に70回0.4mmUEW線を巻く。これが入力コイル。
30回半周に0.4mmUEW線を重ねる。
もう半周に30回0.4mmUEW線を重ねる。
半周ずつ巻いた線を「無誘導巻」になるかのごとく直列につなげる。これが出力コイル。
110mTの磁石を一つ、トロイダルコイルの外側、出力コイルのつなぎ目と端子からの直角の場所に当てる。少し大きいものでも構わない。
入力コイルをNIC回路とコンデンサ104と並列につなぐ。
出力コイルの負荷は10オーム
そうしたら、入力6.4mW(peak) 出力11mW(peak)が出たように見えた。
出力は正弦波、入力は三角波電流です。実効値を考慮しても増えている。
入力の波形を見ると、直流がのっているのをカットで半分の電流にできる可能性がある。
オペアンプだけで消費する電流は無視して、共振回路に出力する電流を測っています。共振回路に必要なエネルギーはもうすこし少ないはずです。
理屈はやはり磁気飽和による起電力が原因と思われ、皮相電力を実電力に変換します。
ノリマキコイルと違い、特徴的な海苔巻き出力コイルがなくなり、たんにトロイダルコアにしか見えません。
こんなので?
偶然でないことをよく調べてから、詳しい結果をアップします。なお先に調べても構いません。
回路図をアップロードしました
実験回路図
47オームは62オームなどに変えることもできます。その方が入力が少なくなります。
3.9オームにオシロのプローブをつけて入力電流を測っています。
磁石はNSと書いてあります。小さいものと組み合わせてよく調整すると、入力電流波形に直流がのらなくなります。
この場合入力電流が半分になるはずです。実効値で出力が2倍にできるはず。(詳しくはまたアップします)
コンデンサの106は本当に106と書いてある、特別な積層セラミックコンデンサです。なぜかタカオ電子で売っている。
実験セット
単なるトロイダルコアにしか見えない
実験セット全体<クリックで拡大
調整をいろいろしますが実効値を考慮しても入力より出力が上回る可能性が高い
オペアンプは本当はCMOS低消費電力型がいいかも知れません。OP213はBi-CMOSという中途半端な世代です。
なぜかNJU7062で失敗しました。電源が電池なので、正負の電圧差が消費電流の直流バイアスに出てしまいます。しかも出力が半分ほどに。

20150326追記:FT-114-43にカツカツに巻足しました。
出力巻き線2つとも56Tに、NIC回路の47オームを75に、オペアンプはOP213FPZ、負荷抵抗を47オームにしました。
出力ピーク 7.6mW 入力ピーク 1.3mW 電源が±2.5V未満 出力を正弦波、入力を三角波として実効値でCOP=4.7ある。

20150408追記:入力巻き線を68T 出力巻き線を0.2mmUEW線126Tプラスマイナス2Tにした。
が、COPが1.5程度です。出力巻き線を巻きすぎて、寄生容量のせいでLC共振、
巻き線内部で電子が往復し外に出てこないと思われます。

このデバイスに起こる現象のメモランダム

原理やCOPアップの手がかりになるよう、公開しておきます。
このデバイスは発振回路の消費電流波形と出力電圧波形の位相が45度程度ずれている
詳しく見ていないが負荷をつないでも変わりはないと思われる。

20150414:この方法はstudio-teslaさんのノリマキコイルへの指摘もあり磁気非対称発電とよぶことにします。

最大COPに近い安定動作で、
発振回路の消費電流波形は、三角波に近いことが多い。
出力電圧波形は、正弦波であることが多い。

最大の出力を取り出すには、出力コイルに
まず低い抵抗負荷で最大取りだし電流を、
負荷なしで最大電圧を測定し、
V/I=Rで計算した抵抗器をつなぐと近い
おそらくこのことは出力インピーダンスを求めている
なお、この場合最大取りだし電流と最大取りだし電圧まで大きい力は出てこない

磁石を近づけないうちは、まったく出力がない
しかし、巻き線のアンバランスにより、わずかに起電力は現実にはある
この時、消費電流波形はパルスに近い乱れた波形になる。しかもかなり大きい。

磁石を急激に近づけると、消費電力がぐっと下がり、出力ががっとでてくる
しかし、発振回路のLが入力コイルだと、近づけすぎると、発振回路が止まってしまう。
このレベルは、発振回路を強くすると(つまり発振回路の理論のAを大きくする。NIC回路が真似をするマイナスの抵抗を減らす)、上昇する。
このレベルは、負荷を接続すると、低下する。

正弦波の発振回路に組み込んである場合、
発振回路をある程度以上強くすると、出力波形の正弦波に何らかの欠けが見られる。
上昇カーブで折れ線が見られる。
ノリマキコイルのようなバルクハウゼン効果はまれ

発振回路の強さは、弱すぎても強すぎてもいけないことは分かっているものの、
どの辺りがちょうどなのかは分かってはいない。
発振回路を強くして得したことはない。

発振回路の消費電流波形はプラスかマイナスに偏る。
これは、オペアンプの種類と、正負の電源電圧の偏りと、磁石の位置に依存する。
オペアンプにOP213Fを使用した場合
磁石を近づけるに連れ、+に偏っていたのが-になり、-の偏りがなくなると発振が停止する
時間と伴にドリフトが見られる。
磁石の調整により消費電力が最小になる。
オペアンプにNJU7062を使用した場合
電源電圧と思われる偏りが常に現れる この場合OUはまだ実現していない

発振回路の消費電流及び、プラスマイナスの偏りは、
無負荷と負荷時では違う。
負荷時の方が消費電力が低下することがある。

原理を考察する

私はとても非効率な機械と超効率装置は表裏だと考えています。
入力巻き線と出力巻き線は、出力巻き線が無誘導巻になっているため、トランスとして動作せず、出力効率はゼロです。
トランスは、出力に電流が流れると、トランス全体の磁気の流れが抑えられ、入力巻き線のインダクタンスが下がり、入力電流が増えます。
磁石をこの実験で適切な位置につけると、入力巻き線の電流が最大になると、磁気飽和、
つまりフェライトのトロイダルコアの磁気がこれ以上増えない現象があります。
磁石のついている側の出力巻き線は、磁気が増えなくなるのも磁気の変化なので起電力が出ます。
おそらくこれこそが超効率をもたらします。
正弦波発振回路に入力巻き線を組み込んであるので、
磁気飽和して入力電流が多く流れ始めるとすぐに次の発振のサイクルに回り、電流が減ります。
NIC回路を使うチョイスもきいています。これはつなぐ相手の抵抗値がある程度に下がると出力をしなくなる回路です。
よって消費電力も多くはなりません。磁石を思い切りくっつけて磁気バイアスを掛けても、安定して動作します。
たいていの方は既存の発振器につないで実験しようとするでしょうが、それだとかなり難しいと思います。それでもといわれるなら多分0.1μFのコンデンサを並列につけて正弦波を加えてみてください。
磁石のついていない側の出力巻き線は、入力コイルの磁気が外へもれてとおり、起電力が出ます。
しかしトランスみたいなので、効率を下げます。
結論としては磁気飽和も磁気の変化を生むし、
それは物性によるもので この実験でわずかに思える磁束の変化も変化させる力がかなり強いと思われます。
そこをうまく起電力に結びつけると、大きな力が出ます。

[LICENSE]

民生用途に限り自由です。まだ実験段階であり、損害の保証はできません。

ぜひ検証をお願いします。

ソリッドステート発電機といわれるもので、おそらく最も簡単です。
こんなやすいのがフリエネマシンだなんて?追試に成功したら記事の下にある拍手ボタンを、失敗したらコメントお願いします。
他の分野で見ないへんてこなNIC回路まで含めて、なるべく同じように追試されることを望みます。
2015/01/22

のりまきコイルをより簡単に、より大出力へ

20150221ノリマキコイルを時期を開けて実験したのですが、再現しません。まいったなあ
なんせ入力電力がブレッドボード上のGND端子をクイクイやったらかなり上がって、その状態で安定したのです。
20150222 どうも芳しくない。普通のトランスとしての動作が入っている。しばらく休みます。

のりまきコイルは普通数ワット、数十ワットを扱えるようなトロイダルコアでもわずかな電力しか出ないし、
単純でスマートにしたいと思います。
そこで、かたちを変えることを考えています。

アイデアはこれ

1:EIコア
スイッチング電源のEIコアは損失がなく、磁気飽和が一気に進むので好適か?
巻き線の配置は普通にボビンに単線をまいて、出力コイルは入力コイルと直角、耳につけます。
ボビンの巻き線と並行に磁石をつけます。
いまのところ、うまくいっていない。

2:フェライトビーズ
アミドンのFB-801-43という7mm径のフェライトビーズを買いました。
穴はつかいません。型枠を作り、全体に巻き線を巻きます。入力コイルと出力コイルは直角です。
そこに磁石を2つのコイルに対し45度で当てます。
フェライト材料は最初ののりまきコイルと同じの43番のようです。
磁気が通る面積が大きいのと、単純にできる。

どっちがうまくいくか?ゆっくり実験。

EIコアでイーアイイーアイオー

品番不明の古いコアで、小さいです。以前のSP-coilにつかったコアです。
コアの材質がやはり高性能で、フェライト磁石の磁力では全然飽和してくれない。
磁石が100mT(ミリテスラ)で、この手のコアは300mTないと飽和しないのです。
うまくいきません。だからってネオジムは500mTあるけれど調整が難しそうです。

小さいフェライトビーズ


43番のコアなのでなんとかうまくいきそうです。小さすぎて人間の手でうまく巻足せるかがきになります。
結果:何故か出力が少なくてドボン。

またアイデアを思い付いた


トロイダルコアに一周巻き線を巻いていたが
出力コイルと平行から左右45度の範囲で巻かないというアイデアを思い付いた。
これだと出力コイル方向へ磁気の出し入れがしやすくなりそう?
もう一つは、出力コイルを端っこだけ巻く。トロイダルコアに当たるので磁性体が出力を上げ、
入力コイルとの相互誘導を減らせる。

ここだけは変わらない


駆動回路はNIC回路と並列共振は譲れません。インバータ方式だと思いっきり磁気飽和して動作するので消費電力がバカみたいに増える。磁気飽和スレスレは譲れません?
しかし、トロイダルコアの穴を使わないとどうもだめみたいです。磁石をつけても直交コイルではそんなにいい結果が出ない。
なにしろ、磁石を近づけると急に入力の振幅が下がって周波数が上がる現象が弱いので。
そこで、3:最初ののりまきコイルをそのまま小型化 をやりたいとおもいます。>失敗。パワーがでてくれない。

疑問


いろいろ実験をやっているのですが、最初のモデルどおりにやるのが一番いい気がする、不思議なことです。
20150208 さらに、最初のモデルを大体まねしたのですが、調子がでない!(冬なので環境温度がまずいのか?)
そのうえ、実効電力の計算に問題がある。
どうも、抵抗器に交流を流すと、電流も電圧も実効値がルート2で割られるので電力はピークの半分になる。
入力は電圧一定で電流だけが実効値の補正がいります。正弦波でルート2 三角波でルート3で割ります。
ということで入力より出力が増えているかというと同じぐらい。


[LICENSE]侵略目的で使うことを禁じます。(個人、小規模集団でも)あとは制限はありません。
この情報はあなたが成功することを保証するものではありません。追試をお願いします。
フリーエネルギーをやっていると抹殺されないか?という心配がある人がいますが
私はほとんど自由なライセンスで提供しているので、心配していませんし今のところ不審な動きもない。
とにかくフリーエネルギーを自分だけのものにしようとすると大きな反作用があるでしょう。
ただ、実は私も…フリエネモーターを計画した頃黄色いてんとう虫に噛まれたことがあります。本当にいたいでした。
てんとう虫に噛まれるなんて意味不明です。
昆虫って、何のために存在するのだろう?ハエなんか宇宙人のドローンに見えませんか?? 遺伝子を採取されているかも。