太陽電池の真のPWMコントローラーを設計するには

太陽電池から効率よく電気を取り出すPWMとか、MPPTのコントローラーがあります。
しかし売っているものでPWMと主張するものは、単にバッテリーとの間のスイッチであることもあります。
満充電に近いときにたしかに電気を断続するからPWMです。しかしどこか歯がゆくないですか?
そうしたコントローラは放熱穴がなく持ってみてやけに軽くて薄かったりする。
太陽電池は同じ出力電流で、0〜ある程度の電圧まで取り出すことができます。この電圧をMAXにしたくないでしょうか?
12V向けのパネルにはその最大効率の電圧が17.5Vなどと書いてあるでしょう。低い方の電圧です。それでもバッテリー直付けより高い電圧です。
ここで交流だったらトランスがある。しかし直流だ。
スイッチング電源もしくはDC-DCコンバータを使えばPWM制御でトランス見たく同じ電力でバッテリーに通せます。
トランスもいりません。Buckコンバータ方式を使えばFETとコイルとコンデンサとダイオードでいい。
で、制御のやり方ですが、ややこしいのは制御する電圧は太陽電池の出力電圧です。
逆にバッテリーに行く出力電圧は制御はいりません。インダクタは負荷電圧によらず一定の電流を出そうとするので安心ですが、あとのバッテリー充電の調整回路(つまり、今まで使っていたSolarAmpBなどのコントローラーだったりする)がスイッチを切ると結構な高電圧スパイクがあるので、コンデンサを多めにしておさえてください。
コンデンサーは入出力どっちも必要で、スイッチング電源専用なら10uFですら大電流を扱ってびくともしません。
で、制御回路は一般のスイッチング電源ICが使えない!
しかしたんにシュミットトリガをもとにすればいいです。設定した最大効率電圧+いくらでON,-いくらでOFFができます。
オペアンプで十分ですが意外と無理が効かないので(スルーレートも)データシートをよくよんで。
FETのドライバーも重要。FETの入力はコンデンサなのでそれにがっと電流を流して取ってスイッチする。
必要以上に大きなFETではゲートのコンデンサーも結構大きくなって損失になります。
ドライバー回路はトランジスタ2か3つで構成され検索すれば結構いいものが出てきます。自分で見極めてください。
大体の発振周波数は20kHz以上か数100Hzなら耳障りな音がしなくてグッド。しかし設計を間違えたら部屋にはいられない。交流理論ではなくもっともっとかんたんな式を使うんだ。
回路図は面倒だしサポートも難しいので(最悪火事)自分で検索して考えてください。12Vバッテリーに2Aで充電できればいいならたぶん部品は500円でそろってしまう。
#電子工作がArduinoやラズパイだけになってはいけない
スポンサーサイト

温度差化学電池はゼーベック素子にかわるか

ゼーベック素子が温度差による発電で有名です。
しかし、ゼーベック素子の半導体金属自身が熱を伝えるためか、あまり効率はよくありません。炎を使うなど温度差も結構必要なことがあります。
しかし、「thermogalvanic cell」と言われるものが出てきています。
これは化学電池というかたちで、まあ乾電池やバッテリーのようなものですが、プラスマイナス極の間のわずか30度未満の温度差で発電ができます。
中には12度の温度差でできたというものもあります。
欠点としてはこれでは数mV程度しか発電しない。
細い管に電解質を通すことでプラスマイナス極を熱的に分離もできるようです。
論文はよくわからないですが、日本では知られていなかったようなのでとりあげました。検索してみてください。
まあ暗闇で発電する赤外線太陽電池のようによちよちあるきでしょう。
研究すれば地熱発電でなく温泉の温度を適温まで下げながら効率よく発電できるでしょう。

AMDのCPUのどこがいいのか

[NOTICE]オカルト注意。

AMDのCPUをしぶとく使い続けるマニアが存在します。
Ryzenには期待だがここのところAMDのCPUは明らかに性能が悪く、オーディオ見たく言うならプアであった。
それでも使う理由はもはや心理的作用だと思われます。

AMDがイケイケの頃のTurionX2搭載のパソコンでLinuxを使っていたが
intel corei7 620 搭載のがeSATAポートがあったのでLinuxもそっちに統合しようとしました。
ところが、intelのを使っていると、全てにおいて冷静になってしまい、理性的で興奮もなく、
ゲームで負けても、こんなものかと思ってしまいます。
AMD搭載のパソコンでは気分が上下し、興奮し、感情を揺さぶられます。
なおメモリーは同じく8GBだと言っておきます。

こういうのはChromeとFirefoxの違いにも似ています。
Chromeのほうがいま表示が断然に速いが、ページを冷静に見てしまうでしょう。

多分天才が心を鎮めて楽に作った、冷えた雰囲気のマシンと、そうでない人ががむしゃらに作ったマシンでは、雰囲気が違い、
それが利用者の心にもたらすものがあるのでしょう。
現時点でも数世代前の3DゲームをアツくやりたいならAMDとRadeonがいいと思われます。
皆さんはパソコンを速さだけでなく、使っていてどういう気分になるかを確かめて使っているでしょうか。
それが、労働の疲れや作文やネットサーフィンにどのようなことをもたらすと思いますか?
実はTurionの方のパソコンはGPUの冷却を改善して(謎のスポンジ>>厚みを調整したトタン板2枚)使い心地を良くしました。

Linux:SSDがフリーズしまくりだが別のパソコンでは使える

SSDにディスクを取り替えたところアプリがフリーズしまくりでsyslogにエラーが表示されます。
しかし、より新しいパソコンでは全く問題がない。

これは電源管理の設定が原因です。
古いパソコンではハードディスク用の電源管理をBIOSがするらしく
SSDはスピンアップも無回転で眠ることもないので常に一定の電気を食っているところでいきなり電気を断たれてはエラーになる。

/etc/udev/rules.dで電源管理を有効にする設定をしているのならataだけ省きましょう。
それには*が使えないのでata以外全部の機構のルールを指定する。
また電源管理daemonもディスクの設定を無効にしましょう。

まあArchWikiをみればすぐに書いてある問題なのですが。

こどもが気になる建物を見つけたが立入禁止だった

近くに水道の貯水池があって、横の土地から轟音が聞こえるんです。
そこに親子がずっと立っていて、なんなのか教えてやればよかった。

こどもが疑問におもうことって、現代文明そのものだと思います。
そこには今までになかった奇妙な物体や建物が至るところにある。人間の本能、または過去生というべきか、
そういうのが理解できないものが増え続けています。
気になる人はまず鉄道マニア、ダムマニアになるでしょうが、送電線マニアも水道マニアも円筒分水マニアもいます。

そうした気になった建物に限って、立入禁止なのです。そういった場合子供に何を見せればいいのか。
なおもちろん廃墟に行ってはいけません。

1:建物の正門にいき、スマホで門に書いてある建物の名前を検索する
実は気になる建物はだいたい公共インフラであるはずです。だからたいてい何らかのサイトが情報を開示しています。
公式サイトで説明があるのは水道施設とダムと鉄道です。
施設の名前は地名+役目になっているはずです。役目の部分で検索すれば、何をやっているのかたいていわかるはずです。
マニアのサイトに行けば、施設の中にある謎の物体の正体が明かされたりもします。
だが説明がちんぷんかんぷんだ。そこは父さんに聞きましょう。

2:グーグルマップで上から覗く
たとえばさっきの貯水池、グーグルマップの衛星写真で上から覗けます。GPS情報を送ってさっと現地を写しましょう。
そこには立入禁止で見えないはずの敷地に、水が湧き上がっている着水井がみえます。おそらく轟音はここから出ているのでしょう。
大抵の公共インフラはこれで上から覗けるし、どういう名前かも明らかなはずです。
しかし名前が何も出てこない、映らない、しかも立入禁止の看板に英語も書いてあり、法律で罰せられますとかいてある秘密基地がないとは限りません。その場合直ちに立ち去るべきです。

3:見学会がある
特にダムと水道施設と鉄道道路関係は別の施設かもしれないがどこかで見学会があり、自由参加なのか予約なのかまちまちですが
まさに子供見学会があるはずです。これらは公式サイトで発表されます。
ガスはもちろん見学会がなく、電気はまさに謎の施設である電力中央研究所が見学会をやっています。
このときばかりは子供が中に立ち入ることができるはずです。
また博物館に行けばかつて中で使われていた装置を見ることができます。いまの装置は電子化が進み見える動きをしないものが増えています。昔の装置のほうが面白おかしく見えることもよくあります。

4:学校の勉強のネタにできる
自由研究や自由課題でこういった謎の建物はうまくネタにできるし、水道と輸送と公共事業の知識はときにテストや受験に出ることだってあります。どこかで役に立つはずです。