リククーブログ

どんな結末であろうとやってみるしかないブログ

発達障害の男の人が見ると元気になれる動画 2


この動画は他人の投稿した動画をコピーしてまとめたもので、画質が荒い。

ロシアはいま成長中であり、首都モスクワ近郊の道路はかなり良くなっているが、日本兵抑留でも有名なシベリアは、とても厳しい自然が広がっており、
川は氾濫し、泥沼が現れ、冬になると雪が降り積もり、ろくな道路も橋もない。
なぜロシアのトラックは、このような自然を生き抜くことができるのか。更に日常茶飯事らしく、当たり前に動画が投稿される。

まず、ロシアのトラックの基本は軍用である。本来他の土地なら軍用でも、シベリアでは普通に林業で使われるようだ。
つまり池に浸かっても平気、運転室は密閉で水が入らない、タイヤは本当なら今は作られていないはずの、進行方向横に深い溝がほってあるタイプで、ぬかるみでタイヤをぶん回す使い方ができる唯一のものだろう。
ロシアのトラックはどのようなハイテクで作られているのか。いや、ハイテクなどではないというのである。
まずソビエトの頃、他人の技術を盗むのが平気だったロシアで、アメリカの車の仕組みをパクった。
その後、ロシアのやり方は、おかしい部分だけ改良し、よくできた部分は残す。いまもう古臭い鼻の出たトラックが当たり前だ。
(そういえばロシアのソユーズロケットが古臭いSF調だと思ったあなたは正しい。)
だから、アメリカや他の国のような、環境に優しい、電子制御、コンピューター搭載、ましてや自動運転なんてありえない。
そんなハイテクや、ロシアのマイナス40度は当たり前の冬と厳しい自然で、すぐ使えなくなるし、それはましてや運転手の命取りなのだ。
だから昔ながらの機械じかけで動いている、電子制御でロボットになることがないつまり生きているエンジンを積んでいる、それがロシアのトラックなのだ。

一体こういう情報から何を学べというのか。
まず我々は精神的なシベリアに生まれてきたのだ。厳しい社会環境のなかで生き抜いている。
そんなところで、他人行儀になって、「周りに優しい」「最適な生き方」「曖昧なこともわかる知能」「成績優秀」「召使化」なんてできていいのか。
我々は自衛隊のSKWほど優秀などではない。
むしろ他人に使い果たされて終わったり、疲れ果てて鬱になるのではないのか。
本当に厳しい環境で生き抜く、単純で頑丈な体と知能。ロシアのトラックのように、頑丈に生きようではないのか。
そしてロシアのトラックは、ロープをつなぎ協力してぬかるみを抜け出す。このぐらい仲間同士でがんばろうではないのか。
#頼むから日本も単純で頑丈で面白い車作って。動く部屋には乗りたくないよ 静電燃焼を使えば昔の機械制御でクリーンな排気になったりしないの?

エアコンも給湯も電気はいらない。晴れた日なら。

いや、ねえ。
永久機関はできないけれど、どうも、一軒家というのは主な電力消費負荷を電気やガスでないもので駆動するようにできることがわかった。
エアコンというのはカンカン照りのときに使うものでしょう?
まさか晴れた日にこそエアコンがほとんど電気無しで動かせるとは思わなかった。給湯も曇りの日でもそこそこ使えるし。
それも太陽の力で。
掴みどころのないフリーエネルギーではなく、当たり前である太陽の力。こんなところに手段があるとは、想像していなかった。

キーワードは「吸着式冷凍機」実際氷はできないのに冷凍機とついています。
インベンゾー 吸着式冷凍機 aaasaveenergy.com
ドイツ製のインベンゾーという会社の吸着冷凍機は、真空中で水を霧吹きして冷水を作り、太陽熱温水器で温め直すサイクルで、
太陽熱温水器と、クーリングタワーもしくは土の中に熱を逃すパイプが必要。
機種によっては電気がほとんど必要なく出力も10kWあるので、家一軒は大丈夫。効率は驚異のCOP=10
もちろん冬は太陽熱でそのまま暖房。
なんだって太陽熱を直接使うので、太陽電池の高々20%の効率よりエネルギーをより使い切ることができる。
さらにおうちに応じてカスタム設計するらしく給湯も太陽熱、冷水を使う肉屋でも大丈夫らしい。
しかもあのフロンや代替フロンなんていらない。
これでおうちの3大エネルギー装置の2つである、エアコンと、給湯器が解決できた。
残りはガスコンロ。ぜひ、縄張りのあるプロパンから、都市ガスに切り替えてほしいです。うちはもともと都市ガスだが、ガクッと安くなるのだそう。
日本の対抗馬は地中熱ヒートポンプもしくはジオパワー(扇風機だけ)+太陽熱給湯+太陽電池で蓄電 三段構えかな?
めんどくさがらないで検索しようよ。
なお工場や大規模施設では、ちゃんと日本製の吸収冷凍機システムがあるようです。ソーラーナチュラルチラーと名乗っています。
ソーラークーリング(太陽熱利用冷暖房)GASMO-NAVI
そのほうが関税もあって安くなるでしょう。更に低温排熱(摂氏65度ぐらい)も使えるので、自家発電の熱やら炉の熱や冷却ででた熱、さらに温泉旅館なら温泉の熱も使える。
太陽熱で足りなくても、ガスを燃やして熱源にするのですが、ナチュラルチラー自体の効率が素晴らしいので、消費エネルギーは結局50%になったそう。やはりCOP=10だったか。
こういうものはでかいほうが効率が上がるはずなので、旅館組合でドカンと発電所作りませんか?
#いろいろなエネルギーの使い方があるが一旦電気に変換するというのが一番効率が悪いのではないのか。それをハイテク「パワーエレクトロニクス」で超える機関車とハイブリッド車はなんなんだろうか。

今時の日本語入力まとめと裏話

今あるパソコン用の日本語入力システムについて語ります。

Google日本語入力

https://www.google.co.jp/ime/
今隆盛なのがもちろんGoogle日本語入力
Googleの検索エンジンで集めた情報と深い関係があると言われています。後述するが変換エンジンを公開しておいて、この辞書だけは今もなお秘密になっている。
こいつの変換候補順からSEO対策をする人も現れた。
新語もオタクのスラングも顔文字も難なく打てて、うつ側が考えることがまるでなくなってしまう、
恐ろしいバカホイホイの漢字変換。だが漢字変換なんかに頭を使わずに他のことを楽しむなら、これ。
さらに電卓になり、viじゃないが矢印の文字がzhとか打てば出てくるので、キーボードから全く手を離さずに操作できる
情報収集の疑いが叫ばれたが、変換エンジンの公開で疑いはだいたい晴れた。デフォルトで無効のもしかして変換だけはGoogleと通信するらしい。
実はGoogleには漢字変換のWebAPIが存在し、これと同じ操作感を日本語入力のない外国のパソコンやさらにLinuxでは漢字変換の取次をするuimから試すことができる。もちろん、クローラーは禁止

Microsoft IME

筆のアイコンでおなじみ
日本のWindowsに必ずついてくる漢字変換。Windows95からXPか7あたりまで時代が下るに連れどんどん変換精度が下がっていったと言われている。
Windows10以前、歴代Officeにはそれ用のIMEがついており、これがないと日本のOfficeは正しく動かない。
更にOfficeXP、2003についてくるナチュラルインプットがまさに天然ぼけな変換をしてくれるので、学校で青いアイコンは赤くしようと教わった。
しかし巻き返しを図った。今のWindows10のIMEはユーザーの同意による誤変換修正を強く求め(ほら右横に出た!)、事務所で大量の名前を打つのが楽になるぐらい変わったようだ。
Office365もWindows10についてくるIMEだけで十分使える。
ちなみにMSといえば自分の検索エンジンBingを強くおすすめしてくるが、これの情報収集は自分のIMEに生かされている・・・のか?

ATOK

http://atok.com/
ATOKはJustSystemsというソフトハウスが作っている
パソコン用の漢字変換として非常に古く、すんなりあなたの意図道理に変換してくれる。その代わり有料である。
もともと一太郎という評価の高いMS-DOSのワープロソフト用だったが、
一太郎はWindowsの上では使いづらく、便利というか奥ゆかしい機能が追加され、Microsoft Officeに道を譲った。
ATOK単体でも売られてから何年立つのだろう。
ほべりぐというサイトで方言の情報を集めており、おそらく日本語の方言も完璧に打てるだろう。
だが弱点はある。それは同人誌や漫画編集には不向きだと考えられるから。そう、罵倒や差別の用語がまったく変換辞書にないのだ。
逆にそれらを使ってはいけない、大企業や官庁で役に立っているようだ。また高価な追加辞書も色々あり、医療や法務でも使える。

Baidu IME

中国の大手検索エンジンBaiduが作った、オタク用語に強いと主張される日本語入力・・・だが
なんらかの情報を外部に送信することがハッカーにバレたので評価が下がり、アンインストールのあらし。
二次元の女性が泣いてアンインストールを止めようとするという動作になった。
今でもこれが動いているうちにクレジットカード番号を入れるなと言われている。
なんらかのフリーソフトをインストールすると潜水艦のようにパソコンに潜り込んで現れることも多い。
lenovoのパソコンにはすでに入っている・・・だと・・・?

Japanist

富士通が作った漢字変換システム。
Wordだけ使えるという感じのコンピューター、ワープロが隆盛を極めた頃、富士通のワープロにはスペースキーが2つあり、右シフト、左シフトと言った。
それに応じてアルファベットキーボードにひらがなが当てられ、異常に速く日本語を打つことができた、親指シフトという優秀なものだった。
だが今パソコン用の親指シフトキーボードはJapanistという漢字変換をパソコンに入れないと、使えないようになっている。
こんなマイコン時代のビジネス戦略、オープンソースの時代には合うはずがない。日本のハッカーがNICOLAなどの普通のキーボードの親指シフト的な使い方を考え、なんとか再現しようとしている。

皆さん走っていますか、おっとっと 知っていますか。日本語入力の知られざる、ハッカーの世界を。
ハッカーは面倒くさがり屋です。最近ではWebクローラーまで走らせて、辞書の作成の手間もせず自分たちがただで打てる快適な漢字変換を研究しています。
そんな漢字変換は主にLinuxで使うことができます。漢字変換の取次をするfcitxもしくはuimとともに入れるといいでしょう。

Mozc


(mozcはLinuxディストリビューションの公式パッケージになっていることが多い。apt-getやyum、pacmanからすんなり入れることができます。)
最初に挙げた、Google日本語入力の疑いを晴らした、オープンソース版。
あの辞書だけは秘密だが固有名詞以外はなんだって打てる。沖縄方言もすこし。他の便利機能もそのまま健在(もしかして変換も)文字マップも手書き入力だってOK!
両方の作者工藤拓はmecabなど日本語のコンピューター処理で有名な人物で、
彼の必殺技が最小連接コスト法という、言葉の種類ごとに他の種類全てとのつながり「にくさ」を数字で決め、それが少なくなる組み合わせを求めるものだ。
この数字は実は単語ごとにも入っており、前後の文を読んで同じ種類の言葉でも実際に出すべき言葉を選ぶことができる。
さらに最悪でも消去法を使って出す言葉を選べるから最強だ。
これがLinuxでしょぼい漢字変換で我慢していたハッカーを驚愕させた。
さらに、ハッカー有志が辞書を拡張したmozc-utや、
LINEの技術者がクローラーで情報を集めてmecabの日本語解析の強化辞書を作ったが、なぜか無料で公開中だし、それを適用したmozc-neologd-utを筆者が今使っている。
また有志が医療用のmozc強化辞書を作っており、難なく病院のORCAシステムで使えるのだそうだ。

anthy

某アニメの影響を受けて名前をつけられた漢字変換システム。
IPAの助成を受けて開発が進んだがIPAはより進んだ1つにだけ投資するらしく、開発はダウン、変換精度はおかしくなり、
なおもLinuxに入っていることがある。
実は組み込み用も考えられており、そのせいですぐに変換を忘れてしまうのだ。今では炊飯器にも入るだろう。
これに搭載される辞書alt-cannadicは同人誌にぴったりで、anthyも相まってときに2ch的な変換結果を返し、汚い用語も平気で出てくる。まさにオープンソースの自己責任でつかうプログラムだ。
なお相棒のプログラムUtenaは現在Linuxで漢字変換の取次をするuimとして開発されているが、これもペースダウンした。
しかし、実質ネット経由でGoogle日本語入力が使える、古い漢字変換プログラムも、TUT-Codeで直接漢字を打つこともできる、
schemeで拡張できるなど、どう見ても奥ゆかしいハッカーのプログラムだ。それにまだLinuxディストリビューションのパッケージになっていることが多い。

anthy-ghal

http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/soft/nosettle/im.html#anthy
懐かしい人も多いだろう、anthyの非公式強化版だが、未だに開発中。もちろん安定の変換精度。
本家よりこっちをLinuxディストリビューションの公式パッケージに入れたほうがいいぐらいだ。

SKK


http://openlab.ring.gr.jp/skk/index-j.html
SKKを使うと度々シフトキーを押すことになるが、漢字に直すところと、文節を自分で指定するしくみだ。
何より自分の意志で日本語を入力していると強く感じることのできる、極めて単純で速く、ハッカー好みの奥ゆかしいプログラムだ。
もちろんハッカーはシフトキーを、暇な、スペースキーに近いキーに当てることをなんなくやる。

libkkc

libkkcはそんなにいい感じの漢字変換はしてくれない。しかし、なぜかいろいろなLinuxディストリビューションでパッケージになっている。
fedoraなんて特定の企業に開発工程を支配される漢字変換をわざと嫌って、libkkcをおすすめしている。
要するにLinuxのユーザーはいわばサイバー陰謀論者も多く、どんな仕組みなのかわからない=裏でなんかやっているだろう商用プログラムや、それによる、デジタル著作権管理、個人情報収集、特許ゴロ、クラウドストレージ、はてはSiriやCortanaを嫌うことも少なくない。
そして彼らのサイバー陰謀論は、都市伝説やオカルトなんかより、遥かに現実に立脚しているのだ。そしてインターネットの歴史によく姿を表すぐらいで、全く無力などではない。
それにlibkkcはSKKの辞書を使っている。おそらくSKK使いから脱落した誰かが作ったのだろうし、だとすると、変換候補の出方もSKKを思わせるし、細かく区切って文節ごとに入力すれば、そう不便ではないのだろう。

増力トランス

いや、最初にいっておくけど妄想だからね
Flynn Parallel Pathのトランス
このブログのファンならわかるFlynn Parallel Pathの特許にはモーターでなくて静止型トランスの図面もある
でも、結局あのトムベアデンのMEGと同じで、磁束が2になってもあとで1に戻っては、エネルギー量が増えない
だからこの手の固体発電機は成功例がない
そこで磁石の向きを片方逆にする
磁石の磁力が外側の出力巻線に全く行かない
まんなかの駆動巻線はブリッジでなく単方向で励磁
駆動巻線を励磁して磁石と磁束を同じ数にするととおきまりの、出力巻線に磁束二倍
で駆動巻線の電気を止めると最初に戻って出力巻線の磁束が全くなくなる このときだけ、出力を取り出す
故に磁束の変化二倍 出力4倍
いや、最初に言ったけれど妄想だからね

20170815,16 妄想のはずなのに実際に実験してしまいました
なんと、COP<1だった 驚くほどほとんどの電気を回生しながら、消費電力はプラス

20170821,22
あれ、わけのわからないぐちは消えてしまいました。なぜか。
有限要素法磁気回路シミュレーターを使うことに成功しました。
2DのFEMMというソフトだがLinux上でwineで動かしているため間違いがあるかもしれません。ぜひあなたが手元でやってみてください。
これはごく基礎レベルの電磁気法則を使い、空間に展開し、空間を細かいブロックに分けて計算する。
さらにこの手のマシンにはあまりに追試の失敗が多いため、出力コイルを巻きたい、端っこの磁路は幅を2倍にして磁化力H[A/m]が増加しなくともより磁束を流せるようにする。
一体どんな結果が出るのか。
磁路は5mmと10mm 磁石はセラミック8(B=0.4T)巻線は375ターン2つ直列で10mAを流します。
コイルだけ用意し磁気を流す
FEMMには直線で切ったところの総磁束を算出する機能があり、それも使えました。
コイルだけ用意したとき磁路の磁束は1.5E-5だった。インダクタンスは1.1[H]
磁石だけ、電流なし
磁石の残留磁束密度は0.4Tほどだった。日本で磁石工場のサイトなんかで売っているフェライト磁石も100mTとか侮ってはいけない。閉じた磁気回路に組み込むとここまででます。
磁石と電磁石両方
太い磁路の磁束は2.5E-5だった。一方でコイルの磁束は0.55E-6になってしまった。インダクタンスは0.43[H]になって、10mAになるまでの時間は半分。
コイルだけのときより太い磁路の磁束は1.66倍程度になり、入力コイルの電流が10mAになるまでの時間が半分以下なため
やはりCOP=350%程度を概算した。
問題は有限要素法は変な結果を返しても知らんぷりであり、設定間違いなどでよくとんでもない結果を出すといいます。
だがJoe Flynnさんもそういったシミュレーターの1つ、クイックフィールドをつかっているというので、何かがあるのかもしれません。
というわけでこの仕組みで制作決定です。
なお一番上の図の方法では見た目すごい磁気が増えているが、そう何もしなくとも磁石の磁気が流れているため、磁路の磁束の変化が2.0E-5しかなく、コイルのインダクタンスも1.5[H]になって入力コイルに電流を流す時間が増え、、結局普通のトランスのほうがマシとなる。


ここまでのデタラメ電磁気実験で、スイッチング電源、及び半導体インバーターの設計における電磁気学は、
とてもかんたんにできることが明らかになってきた。
しかしそれは自分の意志で実験を繰り返さないとわからない
高校は電子科、大学は中退だが、どれも卒業直後でスイッチング電源の設計に入れそうな発想はなかったはず
インダクターの定電流PWM駆動もしたことがあるし、事実今年は太陽電池PWMインバーターを作成した。
交流理論にとらわれては現代のインバーターはできないが、
電圧一定ならインダクタの電流は三角で増える、電流一定ならコンデンサの電圧は三角で増える、それと寄生抵抗の関係。
FETの駆動について、学校ではざっとしか勉強しないことが多いので、鉛蓄電池復活器では高速スイッチングで安直なIC直結も少なくないが、トランジスタのSEPP駆動やハイサイド駆動など工夫でより速くできる。
電磁波規制を考えなければ異常に単純。
生徒の意志を育てる、よりわかりやすく教える、努力ができないと、いきなり英語で教え、英語のわかりやすい教科書を使うだろう東南アジアの足は目の前だ。
なんだって海外の学校は入学はかんたんだが、学校の中で真の実力者に仕立て上げ、至らなければ脱落させるというのだから、受験戦争の塾や嫉妬や親の強制などの苦しみはなく、逆に学校で知能マッチョに鍛え上げられるのだ。
教授の自慢のために大学や教本が存在するわけではない。だが事実難しい表現をして自慢する教授は日本だけに多いだろう。

フリーエネルギーは世に出ていいのか

フリーエネルギーの研究を良くやって、ろくに成功もせずに疲れてしまいました。
やっていて沸き立つ欲と焦り、いいことをやっている感覚が無く、妄想だらけ。
普通の電子回路の設計と制作のやりがいや楽しさがなくて、緊張ばっかり。
いいこと無かった。

なんででしょうか。なんで心の底からやる気が出ないのでしょうか。
なんで苦しいのでしょうか。
仮にすでに軍用で売られているとされるFlynn Pallalel Pathの追試をやろうとする、
なんか心が曇って、もやもやして、いいことをやろうとしている感覚にない。
それは精神的に危ない。

伝説では50年前から作られているUFOを手に入れられるとすると、あぶない。いろいろな悪いことや空の交通事故は避けられない。

フリーエネルギーは今必要なのでしょうか。今はいらない。
人間の心が追いついていない。わがままに使ってはいけない。原理もぶっ飛んでいる。まともに原理や使い方を理解できない。

これからしばらく研究はEiji-HistoryのOverbalanced-Wheelで行こうと思っているし、それすら成果の公開はおかしいかもしれない。

それでも節電はしたい!


代わりに節電対策の機械を紹介します。いまはこれが王道。
最早電圧を落とすだけなどという自滅装置の時代はすぎました。詐欺の情報はかんたんにネットで共有されます。
消費電力は簡単には減らないが、科学的な研究で作られた製品があります。
これらを理解し、詐欺を食い止めるためには、テスラやスタインメッツの交流理論を覚えないといけないですが、当方も詳しくないものですみません。

テレビは、地上波や無料の番組しか見ていないなら、むしろ小さいのを買ってしまう。ワンセグや車のテレビのほうが面白くありませんか?
今のテロップやBGMだらけのバラエティはこじんまりサイズがとても楽しいでしょう。

照明の節電が可能になっています。
光の方向をまとめ、必要な所だけにあて、反射板をきれいな鏡でできたものにすれば、ワット数を少なくしても明るさはむしろ上がる。プランニングしてくれる会社があります。
それがマンションの自転車置き場でも大丈夫でしょう。

ピークカットシステムで人が居る時だけ自動で電気がつくとか、一日のいつで電力を使うかわかるという仕組みもあります。ホームセンターでもそのための装置があるかも

ガソリンスタンドや倉庫の水銀灯は大きめの安定器に変えるとそれの発熱が少なくなって消費電力が下がる。基本的な電気法則で。安定器と言ったら?もしや蛍光灯もまだLEDに負けてはおれない。寿命も、消費電力も、インバーター次第では勝てるかもね。
またLED照明が壊れるというのはLED自体ではなく、インバーターの電解コンデンサーが壊れることもよくあるようで、
昔も今も熱いところで電解コンデンサーを使うからそうなるのです。それを取り替えると安く治るなどの報告があります。感電や爆発注意。自己責任でどうぞ。

エアコンは20年30年だらだら使わずに新型に変えたらかなり電気代がお得。また室外機用の「日除け」もあります。
新型なら部屋の温度を保つのに300Wしかいらないので連続運転した方が省エネといううわさが広まっています。
ガラスも断熱ガラスが新築ではもはや主流なのかな?
部屋の空気をかき回すサーキュレーターもあるが、ダイキンのエアコンならもともと風をかき回す設計なので、必要ない。
また忘れてはいけない地中熱ヒートポンプ。地面に冷媒のパイプを埋めて、すごい節電できるし冬でもフルパワー暖房ができる。
冷蔵庫で冷やして使う首巻きがあるみたい。
作業服に冷却ファンをつけて人間を冷やす工夫は工場やそう工業高校の実習で先生が着ていたぐらい。クラスみんな先生にずるいと言ってしまう。電池代(しかもエネループOK)ですんでしまう。

SAVER KING JAPANの装置
訂正:j-platpatで特許の番号を調べてパチンコの特許が出てくる。この会社の情報が出ない。なにかまずい。
代わりにとっておきの装置が自作できます。自己責任でどうぞ(感電するかも)。
Electricity Power Saver for Home Application - Electronic Circuit
この力率改善回路は英語のネット上でよくあるもので、主コンデンサーは6.2μ〜10μFが多く、直列にヒューズもしくは並列にサージキラーをつけ、ネオン管もしくは降圧してLEDをつけることで消えたら故障を知らせるようになっています。
このサイトのバージョンはAMラジオのノイズも改善できると言っています。
多分これがうちに1つで構わないでしょう。せいぜい10%ほどの節電。
それとこのコンデンサーは高価ないいものを使えともよく言われています。ここのところ日本なら耐圧250Vの日本製でしょう。
なお本当は配電盤もしくは冷蔵庫、扇風機、オーディオ、安いパソコンなどの機器ごとにメーターを間に入れて力率を測って、
それに適合するコンデンサをつけるといいでしょう。もちろん交流理論も覚えないと。アイロン?電気ストーブ?ハンダごて?そんなものには効果なし!

「シガセイバー」誘導電動機の消費電力を削減するインバーター装置で、節電トランスのごまかしと違い、ちゃんとした交流理論によって、電動機がだす余計な電気振動を打ち消して、熱損失を減らし、10%ぐらいの効果があるらしい
この手の製品はいくつもあって競合しています。
また単純に打ち消し巻トランスを三つデルタスター結線でも打ち消すことができます。

太陽光発電が盛んに喧伝されているが、おふろだいすきならぜひ太陽熱給湯をおすすめします。エネルギー効率が今の太陽電池より3倍もあるし、トラブルも少ない。屋根一面覆う必要すらないです。

いやいや調べるほど検索結果に味がでるわ お金を払うことで経済が回っているのですから、払わなくて済む機械がかんたんに手に入るはずがない。
ここに挙げた機械で怪しいのあったらコメント欄に返事ください。

それから オーディオの趣味は結構ですね。一部屋一人占めして 我慢できなければ取り替えちゃったり、直熱管シングルとか送信管とかモンスターアンプにしたり、楽しいでしょうね。
しかし、もうそれが辛い、逃げ出したいというのならタイムドメインなど独自理論を持ったピュアじゃないオーディオをお勧めします。
ピュアじゃない全く新しいオーディオは電力効率も凄まじく良くなっています。タイムドメインはシステム全体が安いし妻も音質にうっとり。謎の「電力アンプ」は1Wで超大出力を名乗っています。
また高級ヘッドホンも舐めてはいけません。寧ろそっちの方を若者はバイト代で買いますから。サラウンドヘッドホンはこのブログを見れば作ることもできます。